ブログ画像に必要な代替テキスト(alt属性)を超分かりやすく解説

代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法ブログ

代替テキスト(alt属性)って何?

なんで必要なの?

今日はこういった疑問にお答えしていきます。

 

【本記事を読むメリット】

代替テキスト(alt属性)を学び、ブログで使用する画像の重要性が分かります

【本記事の信頼性】

筆者はブログ運営6ヶ月で収益月5桁稼いでいます

【本記事の内容】

  • 代替テキスト(alt属性)とは?
  • 代替テキスト(alt属性)の必要性
  • 代替テキスト(alt属性)の設定方法

 

スポンサーリンク

代替テキスト(alt属性)とは?

代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法

 

alt属性(オルト属性)とは、HTMLのimg要素の中に記述される画像の代替となるテキスト情報です。例えばテキストブラウザや音声読み上げブラウザでは、画像ではなくalt属性に記載された内容がテキストとして表示、または読み上げられることになります。

ナイルのSEO相談室から引用

 

って言われてもよく分からないって人のために…

 

簡単に言うと…

画像がエラーなどで表示されなかった場合に画像の代わりに表示される文章のことです。

 

代替テキスト、alt属性、altタグなど

色々な呼び名があります。

 

代替テキスト(alt属性)の必要性

代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法

 

代替テキスト(alt属性)の必要性は以下の2点

  1. 画像が表示されない場合にユーザーに画像の情報を伝える役割
  2. Googleなどの検索エンジンに画像の情報を伝える役割

 

それではサクッと解説します。

 

ユーザーに画像情報を伝える

これに関しては始めの見出しでも解説しました。

なんらかのエラーで画像が表示されない場合にテキストで表示したり、音声読み上げ機能を使用した際の読み上げテキストとして役立ちます。

 

視覚障害を持った方や、通信状態が悪い環境において使うユーザーに対しても適切に画像情報を伝え、利用しやすいコンテンツとなる手助けをしてくれます。

 

検索エンジンに画像情報を伝える

Googleなどの検索エンジンでは、ブログなどの記事内容を機械的に読み取ります。

なのでテキスト表示されていれば読み取りやすいですが、画像であれば機会は完全に読み取れません。

例えば同じ水の写真でも…

それが海なのか、川なのか、湖なのかというのはさすがに機械では読み取れません。

 

そこで役に立つのが「代替テキスト(alt属性)」になります。

画像情報をテキストにして入れておくことで、記事の画像も検索順位を決める際の参考情報になります。

代替テキスト(alt属性)を適切に入れたからと言って、検索順位が必ず上がるわけではありませんがSEO的にはプラスになるので設定しておくことをおすすめします。

 

ちなみに僕はあとで気付いて

1つ1つ設定しました(笑)

 



代替テキスト(alt属性)の設定方法

代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法

 

僕が使ってるワードプレスでのやり方になりますが、代替テキスト(alt属性)の設定方法を解説します(めちゃくちゃ簡単です)

 

まず記事の編集画面で代替テキスト(alt属性)を入力したい画像をクリックします。

すると以下のような画面になり、右側に「Altテキスト(代替テキスト)」という入力欄が出てきます。

代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法

 

今回は「代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法」と入力しました。

代替テキスト(alt属性)を画像に設定する方法

 

以上です!

 

ちなみにSEO的にも効果的にしたいので、アイキャッチを含めすべての画像に同じような代替テキストを入力しました(もちろん画像もそれに沿ったものを選んでます)

 

1分以内に終わる作業なので後回しにせず、その都度やりましょう。

 

僕みたいに後回しにすると

地味にめんどくさいです…

タイトルとURLをコピーしました