ブログ初心者のためのキーワード選定方法を超分かりやすく解説します。

ブログ

ブログ始めたばかりだけど、キーワード選定の方法がよく分からない。

 

今日はそんな人のために、ブログ記事を書く際のキーワード選定方法を超分かりやすく解説します。

 

ちなみに、まだブログすらも開設していない人は、こちらの記事を観ながらぜひブログを始めてほしい(10分で完了します。)

【初心者でも超簡単】WordPressブログの始め方を解説します

 

✔本記事の内容

  • 読者の悩みを考える
  • 悩みに沿ったキーワードを見つける(ロングテールキーワード)
  • 検索ボリュームをチェックする

 

✔本記事の信頼性

僕自身、最初の方がキーワード選定に悩みましたが、本日お伝えする基本的事項をコツコツ実践した結果、検索1ページに記事が表示されるようになりました。

 

ではさっそく本題に入ります。

 

スポンサーリンク

ブログ初心者のためのキーワード選定方法

 

ブログ初心者のためのキーワード選定方法は以下の3つ。

  • 読者の悩みを考える
  • 悩みに沿ったキーワードを見つける
  • 検索ボリュームをチェックする

 

これだけです。

では一つずつ解説していきますね。

 

読者の悩みを考える※ここが最重要

ブログ記事の大前提として“読者の悩み解決”があります。

 

この記事で言えば、「ブログを書く時のキーワード選定の方法が分からない」というのが、読者の悩みになります。

 

さらに、悩みをニーズとして考えると、読者には2つのニーズが存在します。

一つは表面的ニーズ、二つ目は潜在的ニーズです。

 

今回で言えば、表面的ニーズが「ブログのキーワード選定の方法が知りたい」になり、潜在ニーズは「ブログのキーワード選定を成功させて記事を上位表示させたい」とかになります。

 

この記事で潜在的ニースを満たすとすれば、【読者の悩みを解決し、記事を観た人が役立つ内容をひたすら書く】というのが、検索を上位表示させる方法です。

なぜなら、Googleはキーワードはもちろん見ますが、それよりも観た人がためになる記事を上位表示させているから。

 

じゃあどうやって読者の役に立つ記事を書けばいいの?ってなりますが、簡単に言うと、「他の人の調べたいことを分かりやすくまとめて記事にする」ですね。

人ってだいたい面倒くさがりなんで、そういった面倒くさいことを替わりになってあげると読者満足度を得ることができますよ。

 

キーワード選定の大前提は「読者の悩み解決」。

このことは常に頭に入れておきましょう。

 

悩みに沿ったキーワードを見つける

使用するツールは「ラッコキーワード

 

キーワード選定は、これさえあればOKと言っても過言ではない。

 

例えば、「筋トレ」というワードを入力すると…

こんな感じで、サジェストキーワードが出てきます。

※サジェストキーワードとは、検索エンジンがユーザー(あなた)に対して、提案するキーワードのこと。

簡単に言うと、筋トレを検索する人は、上記のようなサジェストキーワードでも検索してるということですね。

 

初心者はいきなり一つのキーワードで上位表示させようとしても、競合サイトに潰されるので、ロングテールキーワードと言って2語以上を組み合わせたキーワードを狙うのがおすすめ。今回であれば「筋トレ 初心者 〇〇」といったような感じで、3語組み合わせてみます。

 

最初に考えた読者の悩みに繋がるキーワードを探すのもいいのですが、

始めにラッコキーワードで気になる言葉を検索して、そのキーワードから読者の悩みにつなげるのもアリかなと思います。

 

検索ボリュームをチェックする

使用するツールは「ウーバーサジェスト

※注意:無料版は1日3回しかボリュームチェックできません。

 

今回狙うキーワード「筋トレ 初心者」の検索ボリュームは8,100(月間検索数です)

その他、関連するキーワードが下に出てきます。

初心者は、だいたい検索ボリューム500未満が狙い目なので、今回は「筋トレ 初心者 プロテイン」でいきましょうか。(先ほど解説したロングテールキーワードってやつですね)

そうすると、検索ボリュームは390なのでちょうどいいかなと。

 

ちなみに有料版もありますが、レンタルだと月に3,000円かかりますし、購入だと30,000円かかるので、僕的には無料版で十分だと思います。

有料版には色々な分析ツールがありますが、まぁ初心者のうちはとりあえずいらないでしょう。

(1日に何回もボリュームチェックする必要はないですからね)

ブログの分析なら、とりあえず「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」の2つOK。

この辺のブログ初心者の設定については、こちらの記事でも解説。

【2021年版】WordPressブログの初期設定を初心者向けに解説

 

※ワンポイントアドバイス

キーワード選定をする際、自分が狙うキーワードの検索結果1ページ目の競合サイトは必ずチェックしておきましょう。そうすることで、どんな記事が読者の悩みを解決するのか、Googleはどういう記事を評価してるのかが分かります。競合分析もキーワード選定の重要な手段になるので覚えておいてくださいね。

 

上位表示させたいからと言って、キーワードにこだわりすぎない

 

どうにかして自分の記事を上位表示させたいからと言って、キーワードを入れすぎる人がたまにいますがおすすめしません。

 

上手く文章として成り立っており、見やすく自然であればいいのですが、だいたいは不自然でキーワードを入れたいだけっていうのが丸見え。

例えばこんな感じは辞めたほうがいい…

キーワード:筋トレ 初心者 プロテイン

タイトル:筋トレ初心者におすすめのプロテイン10選

見出し2:筋トレ初心者におすすめのプロテイン10選

見出し3:筋トレ初心者におすすめのプロテイン1つ目は〇〇

見出し3:筋トレ初心者におすすめのプロテイン2つ目は〇〇

見出し3:筋トレ初心者におすすめのプロテイン3つ目は〇〇

~~

見出しの2までは良いとしても、見出し3に毎回キーワードを入れたところで、クドいですし見ててあんまり心地よくはないですね。

この場合は、見出し3に関してはプロテインの名前だけで簡潔に書く方が無駄がなく、読者も読みやすくなります。

 

上記のような形だと、上位表示さえたいというあなたのニーズが先行し、最も重要な読者のニーズが優先されていません。

 

僕の経験談として、タイトルと始めの見出しにしっかりとキーワードを入れておいて、なおかつ読者の悩みを解決する内容であれば、あとはキーワードをそこまで気にしなくても検索1ページに表示されます。

 

また、ブログで検索上位に乗せるためには文章力の向上も必要不可欠です。

ブログの文章力アップについては、こちらの記事でおすすめの本を紹介中。

ブログの文章力を格段にアップさせる本ベスト3を紹介【無料で読めます】

 

大切なことなので最後にもう一度言います。

ブログ記事の基本は「読者の悩み解決」これに尽きる。

キーワード選定は、今回紹介した基本的事項を押さえながら、あとはとにかく観てくれる読者の悩み解決に徹底的に向き合いましょう。

タイトルとURLをコピーしました