【初心者向け】ブログ記事の書き方を収益5桁ブロガーが解説

初心者むけブログ記事の書き方ブログ

・ブログ記事の書き方が分からない
・読まれるにはどう書いたらいいの?

今回はこのようなお悩みを解決していきます。

 

【本記事を読むメリット】

ブログ記事の基本的な書き方が分かる(完全初心者向け)

【本記事の信頼性】

筆者はブログを6ヶ月継続し50記事以上執筆、総収益も5桁を超えている。

【本記事の内容】

  • ブログ記事の書き方(初心者向け)
  • ブログ記事公開前のチェックリスト

 

ちなみにまだブログの開設すらもしていない人は、こちらの記事を参考にぜひブログを始めてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ブログ記事の書き方(初心者向け)

ブログ記事の書き方は人によって異なりますが

そもそも何から始めればいいの?

そんな人は以下の7つのポイントを

頭に入れて書き始めましょう。

 

  1. 記事のテンプレを準備する
  2. 記事の題材を決める
  3. タイトルにキーワードを3つ以上入れる
  4. 見出しを作る
  5. 記事を書き始める
  6. 画像を挿入する
  7. 記事を読んでおかしなところがないかチェックする

 

①記事のテンプレを準備する

何を書くか決める前にテンプレを準備しておきましょう。

 

初心者は特に、何から書けばいいか悩んでしまいスタートからつまづきます。

 

テンプレがあれば、まず何から書けばいいか迷うことなくスムーズに書き始めることができます。

 

テンプレの代表例はこちら

  1. 導入
  2. 本文
  3. まとめ

 

1.導入

記事の導入部分は、まず読者の心を引き付けるために重要になります。

 

このような内容で読者を本文に導く必要があります。

  • 記事で伝えたいこと
  • 読者のお悩みに共感
  • 記事を読むメリット
  • 本文へのお誘い

 

上のテンプレで導入例を作ると…

〇記事で伝えたいこと

「ブログ初心者のための読まれる記事の書き方をお伝えします」

 

〇読者のお悩みに共感

「ブログを始めたけど、まず何を書いたらいいか悩みますよね」

 

〇記事を読むメリット

「この記事のテンプレを使ってスムーズに記事が書けるようになりますよ」

 

〇本文へのお誘い

「本記事を読んだらさっそくブログを書きましょう」

 

2.本文

本文では「PREP法」を使って記事を書いていくと読みやすくなります。

「PREP法」とは?

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 例 (Example)
  • 結論(Point)

このテンプレで読みやすい文章構成にしていきましょう。

 

3.まとめ

まとめは簡潔に、記事の内容を要約する程度にしましょう。

読者ファーストで簡潔にして、ダラダラと長い文章は避けましょう。

 

②記事の題材を決める

ブログ記事の書き方の基本テンプレが分かった時点で、次は何の記事を書くか決めていきましょう。

 

例えば本記事の場合…

「初心者向けブログ記事の書き方」

というテーマで書いてます。

 

③タイトルにキーワードを3つ以上入れる

記事のテーマが決まったら、タイトルを付けていきます。

内容が良くても、タイトルが悪いだけで読まれない可能性があるのでしっかりと練りましょう。

 

本記事であれば、「【初心者向け】ブログ記事の書き方を収益5桁ブロガーが解説」なので…

 「ブログ」「記事」「書き方」「初心者」

この4つがキーワードになります。

 

収益5桁ブロガーが解説という文を入れることで

記事の信頼性が高まりクリックされやすくなります。

(だからって嘘は絶対にいけませんよ)

 

検索結果で上位を目指すなら「キーワード選定」を必須ですが、いきなり人気キーワードを狙っても埋もれる可能性が大きいです。

なのでキーワードを3つ以上にすることで検索ボリュームを下げて、競合を少なくすることをおすすめします。

 

そんなこと言ってもまず書けなきゃ意味がないです。

なので自分が書きたいことのキーワードを3つくらいピックアップして、タイトルに入れるのもありです。

 

ちなみにタイトルは後で決めても大丈夫です。

記事を書きながらタイトルが決まるパターンもあります。

 

④見出しを作る

続いて見出しを作っていきます。

 

見出しは木で例えると「枝」の部分にあたります。

枝がなければ芽や花は咲きませんからね。

【ブログを木で例えると】

  • 木全体→ブログ記事
  • 幹→タイトル
  • 枝→見出し
  • 花や芽→本文
  • 葉っぱ→画像やイラスト

 

本や新聞などを読んでると分かりますが、いきなり本文を書いてませんよね。

「見出し」⇒「本文」が鉄則。

 

見出しを入れることでグッと観やすい文章になります。

ちなみに見出しにもキーワードを入れることを意識しましょう。

見出しは基本「h2~h4」タグを使用でOK!

「h1は記事タイトル」なので、見出しでh1を使うことはありません。

使うとしても見出し(h2)&小見出し(h3)までなので(h4)はほぼ使いません。

 

【基本的な見出し構成の例】

  • タイトル(h1)
  • 見出し❶(h2)→可能な限りキーワードを左詰めで
    小見出し①(h3)
    小見出し②(h3)
    小見出し③(h3)
  • 見出し❷(h2)
    小見出し①(h3)
    小見出し②(h3)
    小見出し③(h3)
  • 見出し❸まとめ(h2)

こんな感じですかね。

 

大見出し(h2)には可能であれば

キーワードを入れましょう。

  

※SEO的に見出しにはキーワードを入れるべきですが、Googleが求めているのは読者に有益で読みやすい記事なので、不自然にキーワードを入れた文章は逆にマイナスになる可能性があります。

 

⑤記事を書き始める

あとはどんどん記事を書いていきましょう。

まずは構成や改行など気にせず書きまくればいいです。

あとで文章を整えていくので、最初は書きなぐりでもいいですよ。

 

文章を整える際は、追加するのではなく削っていく作業がメインになります。

まずはいっぱい書いて、少しずつ要点を絞っていけばOK!

 

例えば…

【まず書いたバージョン】

ブログを書くメリットは5つある。1つは文章力が上がる。2つ目が知識が増える。3つ目は稼げる。4つ目はスキルが身に付く。5つ目は仲間ができる。ブログをやらない理由がない。

【清書したバージョン】

ブログを書くメリットは以下の5つ

1.文章力アップ
2.知識が増える
3.稼げる
4.スキルが身に付く
5.仲間ができる

ブログをやらない理由がないですね。

 

みたいな感じです。

 

⑥画像を挿入する

初心者向けブログ記事の書き方

↑こんな感じで見出しごとに画像を挿入する。

 

画像を挿入することで…

  • 記憶に残りやすい
  • 惹きつけ効果がある
  • 読者を疲れさせない
  • オリジナリティが出る
  • 画像検索からの流入効果あり(Alt属性を設定)

このような効果があります。

 

Alt属性は画像検索からの流入効果があり今後のPV数増加にもつながるので設定しておきましょう。

Alt属性に関してはこちらの記事で解説しています。

 

また画像挿入で最も大切なのが「アイキャッチ画像」

記事内容に適した画像を入れましょう。

 

例えば「ブログ記事の書き方」の記事なのに…

上のような画像だとまったく関連性がないですよね。

かわいいのは間違いないですけど…(笑)

アイキャッチ画像はCTR(記事のクリック率)上昇にもつながるので、適当はNGですよ。

 

⑦記事を読んでおかしなところがないかチェックする

記事を書き終えたら、公開する前に最後の確認をしましょう。

以下のようにチェックリストを作成しておくといいですよ。

  • ☑誤字脱字がないか
  • ☑画像の挿入は適切か
  • ☑文章が長すぎないか
  • ☑文章は整っているか
  • ☑引用事項に間違いはないか
  • ☑リンクの貼り付けは正しいか
  • ☑文章全体でおかしなところはないか

まずは一度声に出して自分で読んでみることをおすすめします。

声に出すことで違和感に気付きやすくなります。

 

読者が読みやすい記事の追求に終わりはないですね。

 

初心者向けブログ記事の書き方・まとめ

ブログ記事の書き方ポイントは次の7つ

  1. 記事のテンプレを準備する
  2. 記事の題材を決める
  3. タイトルにキーワードを3つ入れる
  4. 見出しを作る
  5. 記事を書き始める
  6. 画像を挿入する
  7. 記事を読んでおかしなところがないかチェックする

  

記事公開前のチェックリスト7つはこちら

  • ☑誤字脱字がないか
  • ☑画像の挿入は適切か
  • ☑文章が長すぎないか
  • ☑文章は整っているか
  • ☑引用事項に間違いはないか
  • ☑リンクの貼り付けは正しいか
  • ☑文章全体でおかしなところはないか

 

記事の書き方が分からないというブログ初心者の方は、本記事のテンプレに沿って記事を書けば、整った読みやすい文章が書けます。 

 

記事を書きながら慣れてきたら、少しずつ自分らしさを出していけばいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました