【初心者でも超簡単10分でできる!】Webライターのポートフォリオになるブログの始め方

ブログでお金を稼ぐ仕組みは?初心者向けに超分かりやすく解説します!

ブログ
困った猫
困った猫

ブログでお金を稼ぐってどういうことにゃ?
記事を書いていればお金がもらえるシステム?

今日はこの疑問にお答えします。

✔︎記事の信頼性

エックスサーバー WordPressブログ 始め方

「ブログって日記じゃないの?」「本当にお金稼げるの?」って思ってる方は多いと思います。僕もその一人でした。

個人がするスモールビジネスには、ぴったりなブログの稼ぐ仕組みを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ブログ収入の基本は広告収入

おそらくブログを書いている人の90%以上は、ブログ収入=広告収入です。

稀に芸能事務所のようなところに所属して、記事を書くだけでお金がもらえる人もいるかもしれませんが、ごくわずかでしょう。

例えば街を歩いていると、ビルの看板やバス停のディスプレイなど、いたるところに広告が貼ってあります。そういった広告を街中ではなく、ブログに貼り付けるイメージです。

広告を出したい会社が、ブロガーにお金を払って広告を貼ってもらうということが、基本的なブログ収入の考えです。

個人のブログに広告なんて貼ってくれるの?

とはいえ、個人のブログに広告なんて貼ってくれるのでしょうか?

答えは「イエス」です。

広告は以下の2種類。(詳しくは後ほど解説します)

  • 広告がクリックされたら収益がもらえるもの(クリック型)
  • 商品が売れる、またはサービスに登録されることで収益がもらえる(成果報酬型)

企業がブロガーに依頼している一般的な広告は、成果報酬型です。そのため、企業からすると収益が発生したときだけお金を払うので、損をすることはありません。

ブログの広告収入は「誰も損しないビジネスモデル」と言えるでしょう。

ASP(広告代理店)を利用して広告を貼るのが一般的

企業もブロガーも、わざわざ自分にあった広告(広告依頼先)を見つけるのは大変です。そのため、ASPという広告代理店が仲介に入ります。

ASPとは?「アプリケーションサービスプロバイダ」(Application Service Provider)の略称で、いわば広告主(企業)と広告を出したい側(ブロガー)を繋げる仲介業者です。

お互いの手間を省いて、ブログにおいて重要な広告選びを助けてくれる非常にありがたい存在です。

ASPにどんな商品があるのか見て回るだけでも楽しめます。そこからブログのテーマを決めるということもできます。

TAKE
TAKE

広告には2種類の収益方法がある

先ほどもチラッと解説しましたが、広告には以下の2種類があります。

  • クリック型広告⇒その広告を見てもらうだけで報酬になる
  • 成果報酬型広告⇒その広告経由で商品が売れたり、サービスに申し込みがあると報酬になる

クリック型の場合は、ブロガーは広告の場所を決めるだけで、広告の内容は代理店が選ぶ形です。

一方で成果報酬型は、ブロガーがASP経由で実際に広告を選び、自分で貼る場所や表示回数などを決めることが可能。

  • クリック型の場合:低単価ですが、貼っておけば収入が得られるので(集客ができることを前提に)初心者にはおすすめです。
  • 成果報酬型の場合:高単価なものもある分、記事のテーマと商品やサービスの内容や必要性が合致する必要があるので、少し難易度は高めに感じます。

とは言っても、単価が100円のものであれば100個売ってやっと1万円ですが、単価が1,000円であれば10個売れば1万円です。

なので、初心者でまずブログ収入月1万円を目指す場合は、クリック型よりも成果報酬型の方が効率的に稼げます。

ブログで稼ぐためには、この「商品単価」(商品選び)が非常に重要になっています。

TAKE
TAKE

個人の強みを活かした集客で収益化できる(企業にも大きなメリットになる)

個人には企業には出せない熱量やこだわりがあります。例えば…

  • プロテイン会社が解説するプロテイン記事 より
  • 筋トレ好きで色々なプロテインを飲んで比較している 個人ブログの方が

よりリアルで分かりやすく参考になります。

そして例にあるプロテイン会社も、自社メディアより個人ブログに広告を貼ったほうが売り上げが良くなることもあります。

それが企業にも個人にもメリットになり、お互いがWIN-WINのビジネスが成立します。そして人が集まるということは、それだけ見る人に役立つ情報を発信している証拠でもあります。

ブログでお金を稼ぐということは、企業や消費者に役立つ活動につながるので、個人で何かビジネスをしたい人は、まずブログを始めてみるのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました