介護士が他施設へ転職するメリット7選【あなたの転職への不安を撲滅】

介護士の転職

介護士で今の施設に不満があり、他施設に転職したいけど、慣れた職場を変わるのもそれはそれで不安だし、どうすればいいか分からない。

 

今日はこういった不安な気持ちを解消していきます。

 

✔本記事の内容

介護士が他施設へ転職するメリットを解説。その中で僕自身が経験したこと、メリットだけじゃなくてデメリットだと感じたことも正直にお伝えしていきます。

 

✔本記事の信頼性

僕自身、介護業界で4回の転職を経験してきました。

良い面もあれば上手くいかないこともあるのが転職。

必ず転職が良い方向にいくとは限りませんが、現状に不満がある方は転職を一つにきっかけにしてほしいと思います。

 

こちらの記事で、僕の転職歴と給料の変化を掲載しています。

現役介護士のリアルな給料明細を大公開【35歳の手取りはいくら?】

 

スポンサーリンク

介護士が他施設へ転職するメリット7選【あなたの不安を撲滅します】

 

転職はマイナスではなくプラスな面が大きいと思います。

その理由を僕の経験を基に紹介します。

 

給料が上がる

介護業界は、一つの会社で長く働いても給料が上がりにくい状況です。

その理由は、こちら記事で解説してます。

 

✔僕の実例

  • 毎年1回、4月にある昇給が良くて3千円→年収36,000円アップ
  • 転職してボーナスは減ったが、月々の手取りが5~10万上がる→結果年収100万アップ

 

マジで?って思うけど、実話ですからね。

ちなみに今考えたら、転職前の職場はブラックだった。

 

労働時間が減る

先ほどの給料アップと繋がりますが、年収が100万上がったのに労働時間は減ったんです。

ただこれもカラクリがあって、書面上の労働時間は月に160~170時間程度なんで変わらず。

 

何が変わったかというと、サービス残業の有無です。

 

転職前は残業代は0で、申請しても支給されない状況で、サービス残業というボランティアを月に30~50時間ほどしていました。

転職後は残業が月に10時間程度ありますが、しっかりと残業代が支給されるので給料も上がります。

その時は支給されることに感動したけど、今考えたら当たり前ですね。(洗脳って怖い…)

 

価値観が広がる

やっぱり一つの職場にいると、価値観がカチカチになりやすい。

そこでやってることが正解だと勘違いして、新しことを学ぼうとしないのはマジでオワッてます。

 

例えば、転倒リスクの高い人は自分から立つことを許されないみたいな風潮で、その人が立ったら「〇〇さん座って!」と叫び散らかすスタッフ。

その職場ではそうしろと教わりましたからね。

今思えば恥ずかしいですが、僕も当時はそれが正解だと思ってました。

 

今まで研修も合わせれば10以上の施設を経験してきましたが、それぞれの良い面や不足してる面があります。

その知見を転職によって活かすことで、自分のスキルも上がるし転職先の施設も良くなるので、ぜひあなたの経験を他の施設でも活かしてほしいと思います。

 

人間関係がリセット

あなたも苦手な同僚や上司はいませんか?

嫌味なことを言われたり、あきらかに無理な仕事を振られたり、もう生理的にムリって人もいますよね。

そういう人たちを無理に好きになる必要はありませんし、人間関係が原因で仕事に行きたくないと思うことがあるなら、マジで転職をおすすめします。

 

僕はとにかく「コイツ無理やな」って人がいましたが、数年ガマンして働いてました。

でもそのせいか分かりませんが、ストレスで円形脱毛症みたいになってマジで萎えましたね。

正直ストレスは溜まりにくいタイプだと思ってましたが、今考えたら自覚症状がなかっただけでした。

 

給料の待遇面や労働環境への不満と重なり、あのまま働いてたら精神崩壊してましたね。

人間関係で病んでる人は、早めに辞めたほうが結果的に自分のためになると思います。

 

前施設の経験が活かせる

価値観が広がることと繋がりますが、転職はあなたの眠った才能を活かすきっかけにもなります。

以前の職場で当たり前にしていたことが、転職先ではできてない場合もあり、「こういう方法もあると思いますけどどうですか?」みたいに、アドバイスするとその方法を取り入れてくれて、結果サービスの質が上がることもあります。

 

ただ転職してすぐだと、「新人のくせに生意気だ」って思う人が少なからずいるので、3ヶ月くらい経って慣れたくらいからアドバイスするようにしましょう。

 

以前の職場では活かされなかったあなたの知見が、新しい職場で花開くって結構あります。

その職場で上手くいかないことを自分のせいにしないでくださいね。

それはたまたま、あなたがその施設に合わなかっただけで、あなたが輝ける場所は必ずありますよ。

転職は、輝く場所を探す旅だと僕は思ってます。

 

ブラック企業からの脱出

ブラック企業からの脱出は、転職の大きなメリットです。

 

ブラック施設については、こちらの記事で解説しています。

【リアル】介護士はブラックすぎ?辞めたい…そう思う前に見極めよう

 

サービス残業の常態化、理不尽な上司の指示、休日出勤が当たり前、夜勤明けで残業など介護施設には多くのブラック企業があるのは紛れもない事実。

僕自身も、夜勤明けで毎回昼過ぎまで残業させられたり、月に50時間以上のサービス残業をしたり。

残業50時間だと、時給1,000だったとして割増上乗せで1,250円×50=62,500円ですよ。

62,500円をゴミ箱に捨てれますか?ブラックは罪ですね。

 

ホワイト企業のみの求人を観たい方はこちらへ⇒介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート

 

ストレスが減り幸福度が増す

転職の最大のメリットは間違いなくこれ!

あなたは幸せになりたいですか?

YESと答えた方で、今の職場に不満がある方は転職を検討しましょう。

 

僕自身が4回の転職で幸せになりました。

現状を変えるには行動するしかないってことですね。

 

ただ、その行動が間違ってしまうと逆に不幸になる可能性があります。

だからこそ、転職する際は転職エージェントを活用しながら、自分でも求人をリサーチしましょう。

なぜなら、転職サービスに引っかからない優良な求人が普通にネットに出てることもあります。

転職エージェントは正しいという、思考停止な考え方だけはやめておきましょう。

 

 

介護士が他施設へ転職するときのデメリットもあります

 

転職はメリットだけじゃなく、当然デメリットもあります。

僕が実際に感じたデメリットを紹介。

 

転職の手続きが面倒

ネットで求人を検索し応募、そこから面接、合否を待つストレス、前職の退職手続き、転職先の入職手続きなど、けっこうやることが多いですよね。

 

まぁ面倒なんですけど、やる前から考えても意味がないので、とにかく淡々とやっていくのが良いかなと思います。

 

前職の退職時に注意してほしいのが、残った有休消化と退職金の振込などは話しておいた方がいいですよ。僕はビビッて何も言えず、有休40日をドブに捨てました。退職金は振り込まれましたが、辞めてから3か月以上経ってからだったので「本当に貰えるのか?」って不安でしたね。聞きにくいことかもしれませんが、会社は優しくないので、自分のことは自分でしっかり確認しておきましょう。

 

職場が遠くなった

通勤時間は少し妥協しましたね。

前職は歩いて20分、転職先は自転車で25分、距離だと1.5㎞→4㎞くらいになりました。

それでも近いからいいと思うかもしれませんが、僕は可能な限り近い職場が良い。

 

ただ、給与面や労働環境の改善を軸に考えた結果、職場の距離は諦めました。

自分の理想通りの会社ってなかなか見つからない。

その中で、何を優先するかしっかり考えて転職先を見つけていきましょう。

 

慣れるまで早くても1ヶ月~3ヶ月くらいはかかる

これも仕方ないっちゃ仕方ない。

 

僕は結構慣れるのが早い方で、1ヶ月ほどで仕事しやすくなってきました。

たぶん長い方で3ヶ月くらいかかる方もいると思います。

 

慣れるまではいつも以上に疲れますし、周囲に気を遣いますよね。

何をしたらいいか分からない状況や、慣れていない環境だとストレスを感じやすくなるもの。

でも大丈夫、誰でも新しい環境に慣れるまでは大変ですごく疲れます。

 

転職は大変だけど、長期的に見たらプラスになる

 

転職は手続きが多く、ストレスもかかります。

それでも、今いるブラック企業でこの先も働き続けるストレスに比べたら一瞬ですよ。

 

たかだか1ヶ月程度の面倒な転職手続きをするだけで、ブラック企業から脱却できますし、数年スパンでたまるストレスにより精神が崩壊することと比べたら天国ですよ。

 

僕は転職するときに、「本当に転職するべきか?」「給料は本当に上がるのか?」「転職先がブラックだったらどうしよう?」みたいなことをいつも思ってます。

それでも行動しないと始まらないですし、最悪転職先が嫌だったら辞めればいいというメンタルでいるのも大切。

 

あなたが少しでも転職を考えてるなら、まずは求人を検索するところから徐々に始めていきましょう。

世の中の動きが分かってきますし、自分の理想の職場が何かを再確認できます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました