≫ブログで稼ごう!副業ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(12月9日まで月額料金が最大25%になるお得なキャンペーン中!)≪

異業種から介護士への転職は可能?超余裕である理由を現役介護士が解説

介護職の転職

こんにちは、たけ(@Take_Fitness_23)です。

 

今回は「異業種から介護士への転職は可能か?」という疑問にお答えします。

 

先に結論を言うと、超余裕です。

しかも何歳からでもOKである理由を解説します。

 

✔本記事は以下の人におすすめ。

介護以外の仕事をしてるけど、介護士への転職を考えてる人、又は興味ある人

 

✔本記事の信頼性

僕自身も、元々ダンスをしながらアルバイトですが飲食店で働いてました。

そこから結婚を機に介護の仕事を始めたので、異業種から介護士へ転職した組です。

介護士への転職に対する不安を払拭する内容になってますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

スポンサーリンク

異業種から介護士への転職が超余裕である理由

 

異業種から介護士への転職が超余裕である理由は以下の3つ。

  • 資格なしでも働ける
  • 求人がほぼ無限にある
  • 現役介護士の半分以上は異業種組

 

それでは解説します。

 

資格なしでも働ける

介護士の代表的な国家資格である「介護福祉士」

この資格は名称独占資格であり、資格なしでも働けるのが現状。

 

詳しくは、こちらの記事で解説してます。

介護士は資格なしでも働ける?結論余裕です!具体的な方法や給料を解説

 

求人がほぼ無限にある

介護士の求人は無限と言ってもいいくらい常にある状態。

 

その分ピンからキリまであるので、ブラックな求人に騙されないよう注意が必要です。

 

自分で探すには限界があるので、ホワイト企業を扱う転職エージェントを活用することをおすすめします。

 

以下、現役介護士がおすすめする信頼性の高い求人サイトまとめ記事。

【保存版】最高月収50万超えの介護士がおすすめする介護の求人サイトまとめ

 

現役介護士の半分以上は異業種組

介護の現場で働いてる介護士は、半分以上が異業種からの転職組です。

もう半分は、新卒や福祉の専門学校経由で就職してくるパターン。

 

僕の職場でも、前職は以下のような人がいます。

  • 美容師
  • 不動産営業
  • アパレル店員
  • エンジニア
  • 土木系の方 など

 

個人的な意見ですが、前職でサービス業をやってた方はスムーズに仕事になじんでいく印象があります。(介護は対人援助で、サービス業の一種ですから)

逆に、工場勤務や土木系の人は大変そうな感じを受けます。

※あくまで個人的な意見なので、すべての人に当てはまるわけではありません。

 

異業種から介護士への転職で失敗しない方法

 

異業種から介護士への転職で失敗しない方法は、事前リサーチをしっかりすること。

 

何も考えず、介護士なら誰でもできそうという理由で始めても、すぐに辞めたくなるのがオチ。

 

事前にどんな仕事で、どのような求人募集があるのか知っておくとスムーズに転職活動ができますよ。

 

詳しくはこちらの記事で解説してます。

今からでも間に合う!未経験から介護士への転職で失敗しない3ステップ

 

異業種から介護士への転職で不安な給料についても解説

 

やはり異業種から介護士に転職となると、気になるのが給料ですよね。

「今の仕事とどのくらい違うのかな?」「介護は低収入って聞くけどいくら?」

みたいな不安は誰しもあるはず。

 

そこで、実際に現役で介護士として働いてる僕の給料明細を公開。

その他、介護士15年間での給料の変化も合わせて解説してるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

現役介護士のリアルな給料明細を大公開【35歳の手取りはいくら?】

 

タイトルとURLをコピーしました