≫介護職の収入が月10万アップする副業ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(2月3日まで豪華賞品が当たるお年玉超応援キャンペーン中!)≪

介護職から営業職への転職は辞めたほうがいい理由【年収下がる可能性大】

介護職の転職

こんにちは、TAKE(@otake_kaigo)です。

今回は「介護職から営業職への転職は辞めたほうがいい理由」というテーマで記事を書いていきます。

 

では、間髪入れずに本題に突入しますね。

 

スポンサーリンク

介護職から営業職への転職は辞めたほうがいい理由

 

さっそく結論から言うと「給料が下がる可能性がある」から。

 

実際に僕自身も現在介護職をしていて、営業職をやってみたいと思い数社面接を受けてきました。

そこで聞いた衝撃の事実とともに、今回の核心を突いていきます。

 

現在の僕の給料については、こちらの記事を参考にしてください。

現役介護士のリアルな給料明細を大公開【35歳の手取りはいくら?】

 

✔では実際に面接でいくらの年収を提示されたのか?

まず1社目は「介護や医療系の人材コンサルタント系の営業」でした。

やはり給料については気になるので、初年度はいくら稼げるかを単刀直入で質問しました。

 

ちょうど面接を担当された方が、初年度かなりいい成績だったらしく、当時の年収を聞きました。

正直ビックリしました…。

「480万くらいだったと思います」

僕の今の年収とほとんど変わりないじゃないか。

 

むしろノルマや残業代がみなしになってることなどのストレスを考えるとマイナスじゃないか??

しかも翌年はさらに頑張らないと、それ以上の年収はないだけじゃなく大きく減る可能性もある。

 

これはないなと思ったので、こちらから断ろうと思ってました。

がしかし、結果的に不採用だったので結果オーライかなと(笑)

 

2社目は、某大手不動産メーカーの営業職でした。

基本給が25万(みなし残業代込み)、その他はすべてインセンティブというシステム。

ボーナスも結果を出さなければゼロという感じでした。

成果を上げなければ、年収は300万円台前半というなかなかキツぃ現実。

 

ただ、頑張って結果を出せば年収1000万超えも可能とのこと。

あと土日祝休みとなっているが、実際は休みの日も出勤してる社員がほとんどとのこと。

(包み隠さず話してくださった面接官の方には感謝してます)

 

話してる途中で、自分には無理と感じたので、面接終了後にお断りさせていただきました。

営業職って生半可な気持ちじゃできないですね。

とにかくストレスが半端なさそう…。

介護職のストレスが可愛く思えてきました。

 

ちなみに介護職でも確実に続けていくことで、給料を上げていくことは可能です。

介護職で給料上げたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

手取り17万介護職から年収500万にアップする方法を解説【役職なしでも可能】

 

介護職と営業職の平均年収を比較

 

では実際に介護職と営業職の収入は、どれほどの差があるのでしょうか?

 

✔介護福祉士の平均年収

参考:求人ボックスの給料ナビ

 

正社員の平均年収が思ったより低くなっているのは、あくまで求人に載っている金額から算出しているからです。

介護職の正社員であれば、資格を取りながら優良企業に転職できれば、年収400万はすぐに超えることが可能。

 

介護職の給料の上げ方は、こちらの記事で解説しています。

介護士の給料は安い?高い?平均年収や収入アップの方法を解説

 

✔営業職の平均年収

参考:求人ボックスの給料ナビ

 

営業職で年収800万~1000万稼げるという求人をたまに目にします。

ただ、そういった高給取りは一部の人間だけであり、一般的な営業職であれば年収400万弱が妥当ってことですね。

こういったデータを見たり、実際に営業職してる方々から話を聞くと、やはり大きく稼ぐのは難しいことが分かります。

 

上記2つを見ると、正社員では80万円ほど営業職の方が高いですが、アルバイトや派遣に関しては、介護福祉士のほうが高くなっています。

このデータからも分かるように、営業職だからって介護職よりも必ず稼げるという保証はないということ。

 

まとめ:やっぱり介護職から営業職への転職は辞めておきます

 

先述でもお伝えした通り、僕は介護職から営業職への転職を考えていました。

実際に面接もして、色々話を聞きました。

そこで分かりました。

 

「これ無理やな…」

 

理由は営業未経験で年齢的にも採用されにくいこと、転職に成功しても今より給料は下がる、さらには時間的拘束も増える可能性があるということです。

 

総合的に考えても、介護職から営業職に転職するメリットは今の僕はないと判断しました。

 

ただ、これを観てるあなたが20代独身で、本気で営業職にチャレンジしたいという想いがあるなら、ぜひともチャレンジしてほしいと思います。

やはり話やデータだけでは分からない部分もあります。

実際に働くことで、営業職の魅力に気づくこともあり得ますからね。

 

営業職に興味あるなって方は、僕の使った以下の転職サイトがいいですよ。(もちろん完全無料です)

転職エージェントのパソナキャリアに無料登録する

 

いやいや…この記事観てやっぱり自分は介護職でいいやってなった方は、こちらの記事を参考に介護職をしながら確実に収入を上げていきましょう。

【必勝法】介護士が他施設に転職する際、給料を下げない方法。むしろ上がる。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

あなたの介護職ライフが豊かなものになるよう願っています。

ではまた!!

タイトルとURLをコピーしました