≫ブログで稼ごう!副業ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(12月2日まで最大45,000円キャッシュバックのお得なキャンペーン中!)≪

【介護職の働き方】お金が全てじゃない!幸せに働く上で必要なたった一つのこと

介護職

こんにちは、TAKEです。

今日は「介護職が幸せに働くために大切なたった一つのこと」というテーマで記事を書いていきます。

 

【宣伝】
先月より、Twitter(@otake_kaigo)とInstagram(@otake_kaigo)で、介護職に役立つ情報を発信のアカウントを始めたので、ぜひフォローお待ちしてます。

 

ということで、いきなり結論から言うと「人間関係が良好な職場で働く」ということ。

参考:ハーバード大75年の追跡調査「人間の幸福と健康」を高めるたった1つの方法

 

世界累計475万部を超える『嫌われる勇気』(※今ならAmazon Audibleで無料でゲットできます!

この本の中に出てくるアドラー心理学の根底。

そこには「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と記されている。

 

そう、良好な人間関係こそが 「介護職が幸せに働くために大切なたった一つのこと」

じゃあ人間関係を良くするにはどうしたらいいのか?ってことで解説していきます。

 

スポンサーリンク

介護の現場で人間関係を良くする方法

 

人間関係をよくする場合によくある勘違いが、他人を変えようとするパターン。

ハッキリ言います。

他人を変えるのは不可能です。

「あの人の言ってることはおかしい」「あの上司は口ばっかりで全然動かない」

職場には、どうしようもない人間は必ずいます。

でもその人たちを変えようとするのは無駄な努力。

変えようとしてもまったく変わらず、イライラするだけなんで辞めましょう。

じゃあどうすればいいか?

答えは簡単です。

自分が変わればいいんです。

それでは、どのように変わればいいのか順に解説していきます。

 

人間関係を良くする方法①

まずは始めにやってほしいのは、「そもそも関わらない」

とは言っても同じフロアで毎日一緒に仕事しなきゃいけない状況だってありますよね。

その場合は、仕事以外の話はしない。

完全無視は、職場の雰囲気も悪くなりますし自分もイライラするので、挨拶と申し送りくらいはしましょうね。

 

ただそれ以外は徹底して話さない。

僕は苦手な人にはこれを実践して、心穏やかに毎日仕事できてるのでおすすめ。

嫌いな人や苦手な人は、芋だと思えばいい。

「あ~なんか芋が喋ってるわ」みたいな(笑)

八方美人や良い人になる必要はないですよ。

嫌われる勇気を持ちましょう。

むしろ嫌いな人に嫌われるのは大歓迎。

まずはあなた自身の心穏やかにいれる過ごし方を見つけていきましょう。

 

人間関係を良くする方法②

2つ目は自分から変わるというよりは、自分から行動し状況を変えていく方法。

具体的には、第三者に相談するということ。

直属の上司でもいいんですが、その上司が嫌いなパターンってけっこうあるので、まずは身近な先輩などに相談してみましょう。

 

それも難しいなら、本部のホットライン的な相談室に連絡してみる方法があります。

中小企業や大手であればだいたいあります。(お仕事お悩みコールセンターみたいなやつ)

小規模だとないかもしれませんが、各自治体のホームページに行くと、暮らしの相談窓口みたいなものがあります。

僕の住む広島市でも「暮らしの相談窓口」という無料サービスがありました。

すぐに解決とはいかないかもしれませんが、誰かに悩みを話すことで気付くことってけっこうあります。

僕も以前職場の人間関係で悩んで妻に相談した時、話していくうちに自分にも責任があるということに気付くことができました。

話すことで考え方が変わり、その後の人間関係の構築に役立っています。

 

誰かに相談するって、長い目で見るとけっこう効果ありなんですよね。

 

人間関係を良くする方法③

3つ目は良くするというより、人間関係をリセットする方法です。

今の職場を辞める。

しかもできるだけ早く。

幸せに働きたいなら、不幸である今の職場から逃げるのが一番手取り早い。

逃げると言ってもマイナスではなく、幸せになるための手段なんでむしろプラスです。

 

ただ辞めるだけだと無職になるので、ここでは転職をおすすめしておきます。

転職となると、給料が下がるんじゃないかという不安があるかと思います。

でも大丈夫ですよ。

給与交渉をすることで、現在の給料を下げないで転職することが可能。(上がる場合も普通にあります)

具体的な方法は、こちらの記事で解説中。

【必勝法】介護士が他施設に転職する際、給料を下げない方法。むしろ上がる。

 

介護職の現場って人間関係で悩む人多いですからね。

僕自身も転職するまでは、嫌な上司がいて会社に向かうたびに胃が痛くなってました。

 

介護職の人間関係に悩む人は、こちらの記事も役に立ちますよ。

介護士の人間関係に悩む人必見!【現役介護士が解決法を伝授します】

 

幸せとは空気のようなモノ

 

今回は、介護職にとって幸せな働き方と言うテーマで書いていたので、ついでに「幸せ」についてもサクッと解説していこうと思います。

 

結論から言うと「幸せとは空気のようなモノ

 

幸福は空気のようなものだ。

空気がある時には誰もその存在には気づかない。

なくなった時に初めて、空気があればこそ生きることができていたことに気づく。

幸福も、失われた時、初めてその幸福を経験する。

引用元:幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智恵

 

当たり前に存在する家族や自分自身の健康。

急な交通事故で家族を失い、病気になり健康を失い、そこではじめて当たり前の日常が当たり前ではなく幸せな毎日だったと気付く。

 

この書籍の言葉から介護職の働き方を考えると、健康に働ける場所があり、家族を養うための給料が貰えるってめちゃくちゃ幸せなことなんじゃないかなって思うようになりました。

もちろん、そこには良好な人間関係があってこそ。

だからこそ、今回の記事を参考に、人間関係の改善やリセットを実践してほしい。

 

タイトルにもあるように、 「お金が全てじゃない!」ということを改めて伝えたい。

生きるためにお金は必要です。

でも真の幸福はお金ではなく、「良好な人間関係」と「あなたが最も失って困るモノ」であるということ。

 

この記事が、あなたの幸せな働き方のヒントになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました