≫介護職の副業におススメ!ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(9月30日(木)18時まで超お得なキャンペーン中!)≪

介護士が給料上げる手段は辞めるか副業の2択【20代&独身なら辞めましょう】

介護士の副業

こんにちは、TAKE(@Take_Fitness_23)です。

 

✔本記事は以下のような方向け

20代以下の介護士で給料に不満があったり辞めようか悩んでる人
※30代以上でも参考になる内容にはなってます

 

✔本記事の信頼性

僕は介護士でありながら、どうにか収入を上げたくて副業を始めました。

最近では、介護職以外の収入が月に10万円を超えるようになってきたので、介護士が収入を上げるノウハウをお伝えできればと思ってます。

 

スポンサーリンク

介護士で給料上げたいなら辞めるか副業しましょ!

 

介護士で給料上げたいなら、転職するか副業するかの2択になります。

 

それぞれパターンを2つに分けて解説していきます。

あなたに合う方法であれば、参考にしてみてくださいね。

 

辞めるパターン①他の介護企業に転職

このパターンは、介護業界の経験が1年以上あったり、介護福祉士の資格を持ってる方向けですね。

介護経験者であれば、ほぼ間違いなく別施設に転職すれば給料上がります。

 

ちなみに首都圏だから給料高いとは一概には言えません。(以下、参考ツイート)

 

介護士が転職によって給料上げる方法は、こちらの記事で詳しく解説中。

【必勝法】介護士が他施設に転職する際、給料を下げない方法。むしろ上がる。

 

辞めるパターン②介護業界以外に転職

こちらのパターンは、20代以下であれば前向きに検討してもいいと思います。

なぜなら、一般的に転職市場は年齢が若い方が有利だから。

特に、未経験での他業種への転職は、20代以下であるか30代以上であるかで採用率は大きく違ってきます。(20代以下が有利であることは、言わずも知れた事実です)

 

今後の伸び率を考えたら「IT業界」がアツいかなと。

20代以下であれば未経験でも十分転職できますし、会社でスキルを身に付けて副業に活かすことも可能。

IT業界への転職に興味がある方は、こちらを参考にしてみてくださいね。

給料を貰いながらITスキルを身に付けよう【IT求人ナビ】

 

副業パターン①空いた時間でアルバイト【即金性あり】

続いて介護士をしながら副業するパターン。

まず一つ目は、王道である、空いた時間でアルバイト。

 

正直僕のおすすめはパターン②ですが、まずは介護職以外の収入を得る体験をすぐにできて、即金性もあるのでやってみる価値はあります。

月にプラス3万円くらいをすぐに稼ぎたい方向けです。

参考記事はこちら⇒介護士が給料上げるには会社で頑張らない事。今すぐ月収1万円上げる方法

 

副業パターン②ブログ&SNSで個人事業を展開【稼げるまでに最低半年かかる】

続いてパターン②は、ブログ&SNSで個人事業を展開。

僕自身、副業歴10年以上になりますが、最初の10年はパターン①で、ここ1,2年でパターン②に移行しました。

 

ただ、初心者がブログとSNSで稼ぐと聞いてもピンとこないと思います。

この点に関することは、こちらの記事で詳しく解説してます。

【ブログの稼ぎ方】初心者の僕が月5万稼ぐためにやってきたこと

 

アルバイトと違って時間給で働き給料を貰うのではなく、あなたのビジネスを展開し自分の力で稼ぐ力を身に付けれるので、お金を稼ぐ以上に多くのメリットがありますよ。

 

結論:介護士で給料上げたいなら行動するしかない。

 

言われなくても分かってると思いますが、介護職が収入を上げたいなら行動するしかありません。

 

今回ご紹介した、その行動の具体的方法が以下の4つ。

  • 介護経験者なら他施設に転職
  • 20代以下なら他業種への転職もアリ
  • 副業でサクッとアルバイトする
  • 時間はかかるが、副業で小さな個人事業を展開(個人的にはベスト)

 

ちなみに、会社で頑張るという選択肢もありますが、ハッキリ言って再現性が低くコスパ悪いです。

これに関しては、こちらの記事で詳しく解説してるので、気になる方はチェックしてみてください。

介護士の昇給ありの闇!長く働いても給料下がるだけ?その理由を暴露

 

だからって適当に仕事しろってことじゃないですからね(笑)

会社で働くことで、介護の知識を専門的に高めて、その知見をブログやSNSで発信する。

この一連の流れを掴めば、仕事に対するモチべも上がり社内での信頼も上がる。

結果的には、会社の給料も個人の事業も収入が上がっていく正の連鎖が生まれます。
(会社の給料は大幅に上がらないことが前提ですが…)

 

今回ご紹介した行動を、実際に試してみてあなたに合う方法を見つければいいですよ。
(退職して起業するといったハイリスクなものではないので、安心して挑戦できます)

 

では、あなたの健闘を祈ってます。

タイトルとURLをコピーしました