≫ブログで稼ごう!副業ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(12月9日まで月額料金が最大25%になるお得なキャンペーン中!)≪

介護士の給料は安い?高い?平均年収や収入アップの方法を解説

介護職

こんにちは、TAKE(@Take_Fitness_23)です。

 

✔本記事は以下の人に向けて書いてます。

  • 介護士として働きたいけど給料がいくら貰えるか気になる人
  • 介護士として働いてるけど今の給料に不満がある人
  • 介護士で給料を上げたい人

 

実際に介護士として15年働きながら、給料をアップさせてきた現役介護士の僕が解説していきます。

 

スポンサーリンク

介護士の給料は安い?高い?平均年収を解説

 

今回は以下の項目別に平均年収を解説します。

  • 資格別
  • 施設別
  • 地域別
  • 年齢&男女比
  • パート、アルバイト、派遣の場合

 

介護士の資格別平均年収

保有資格勤続年数(平均)平均月収平均年収
介護福祉士8.9年329,250円3,951,000円
実務者研修6.7年303,230円3,638,760円
初任者研修7.3年301,210円3,614,520円
無資格5.5年275,920円3,311,040円

※参考:厚生労働省WEBサイト

 

介護業界は資格社会と言われており、やはり給料を上げたいなら介護福祉士を取得するのは必須ですね。

ただ国家資格を取っても、こんなもんかというのが正直な意見です…。

 

介護士の施設別平均年収

施設形態平均月収平均年収
特別養護老人ホーム361,890円4,342,680円
介護老人保健施設350,380円4,204,560円
介護付き有料老人ホーム339,510円4,074,120円
訪問介護事業所314,440円3,773,280円
グループホーム303,800円3,645,600円
通所介護事業所(デイサービス)294,980円3,53,9760円
通所リハビリテーション事業所315,020円3,780,240円
小規模多機能型居宅介護303,760円3,681,120円
介護療養型医療施設329,850円3,958,200円
介護医療院323,950円3,887,400円

※参考:厚生労働省WEBサイト

 

上記はあくまでデータで、僕の場合は特別養護老人ホームの時は年収300万円台でしたし、現在働いてる介護付き有料老人ホームだと年収500万弱になってます。

給料を上げるために施設形態は確かに大切ですが、それよりもどういう企業や法人で働くかがより重要になってきますね。

僕の給料公開記事はこちらにあり。

現役介護士のリアルな給料明細を大公開【35歳の手取りはいくら?】

 

介護士の地域別平均年収

都道府県平均年収
東京都(トップ)3,380,000円
愛知県3,170,000円
大阪府3,140,000円
兵庫県3,020,000円
香川県2,900,000円
新潟県2,860,000円
岡山県2,830,000円
北海道2,700,000円
沖縄県2,580,000円
青森県(最下位)2,440,000円

参考:求人ボックスのWEBサイト

 

平均年収が400万を超えているのに、上記のデータだとかけ離れますが、働く場所が大事と言うことと、先ほども言いましたが、どういう会社で働くかが大切。

僕の場合は首都圏で働いていたころより、地方で働く今の方が給料高いですし、一概に都市部だから給料高いというのは言えないかもしれませんね。

 

こういったデータはあくまで参考程度にして、自分で求人を検索をしたり転職エージェントなどを活用しながらの情報収集をおすすめします。

 

介護士の年齢&男女比の平均年収

男性平均月収平均年収
29歳以下295,580円3,546,960円
30~39歳342,110円4,105,320円
40~49歳357,260円4,287,120円
50~59歳333,160円3,997,920円
60歳以上289,800円3,477,600円
女性平均月収平均年収
29歳以下287,430円3,449,160円
30~39歳304,650円3,655,800円
40~49歳315,000円3,780,000円
50~59歳313,530円3,762,360円
60歳以上286,080円3,43,2960円

※参考:厚生労働省WEBサイト

 

だいたい30代~40代にかけてキャリアアップする方が多い印象ですね。

 

日本人の平均年収は2020年度で436万円となっており介護士は平均以下に見えますが、実際500万~600万稼いでる事実からも分かるように、決して低収入ではないということ。

※参考:国税庁のWEBサイト

 

TAKE
TAKE

めちゃくちゃ贅沢はできないですが、一戸建てとファミリーカー購入、2人の子どもを育てるぐらいの安定した生活はできますよ。

 

介護士の平均年収(パート、アルバイト、派遣の場合)

保有資格実労働時間平均時給平均月収
介護福祉士88時間1,421円125,690円
実務者研修84時間1,422円120,650円
初任者研修75時間1,409円106,130円
無資格91時間1,169円107,520円

※参考:厚生労働省WEBサイト

 

無資格だとさずがに時給低いですが、初任者研修と介護福祉士が12円しか違わないのは国家資格の価値が薄すぎますよね。

実際、派遣だと資格なくてもけっこう時給高いんですよね。

これは僕も経験しましたが、初任者研修(当時はヘルパー2級)だけの資格で半年ほど派遣で働きました。

その時の時給は1,500円ほどで、介護福祉士と100円しか差がなかったのを覚えてます。

 

初任者研修だけの人でも、派遣で働けば十分高い時給で働けますよ(深夜の居酒屋かパチンコのアルバイトくらいは稼げます)

初任者研修でも時給1,500円以上の派遣求人を観てみる

 

介護士が収入を上げる方法3選

 

介護士が収入を上げる方法は、主に以下の3つ。

  • 資格を取る
  • 転職する
  • 副業する

 

TAKE
TAKE

それではサクッと解説しますね。

 

資格を取る

介護業界で働くなら、最低でも介護福祉士は取得しましょ。

 

介護福祉士を養成学校で取得する場合は、126万円の費用がかかります。

その費用を国が全額払ってくれる制度があるので、未経験から介護始める方はぜひ活用しましょ。

 

詳しくはこちら⇒【介護士未経験の方必見】介護士に転職で126万円貰える?新制度を解説

 

転職する

転職なくして給料アップなしと言っても過言ではありません。

実際に僕は転職によって、仕事量は大幅に減り年収は100万円以上増えました。

介護業界で給料を上げたいなら、転職するのが手っ取り早いと実感しましたね。

 

僕が実際に使ってる3つの転職サイトを徹底比較してる記事はこちら。

【完全無料】介護士の僕がおすすめする転職サイト3つを徹底比較

 

僕自身も転職をしながら給料を上げてきました。

詳しくはこちらの記事で解説してます。

【2021年版】介護士の給料は今後上がる?ベテラン介護士が徹底解説

 

副業する

僕が働いてる企業もそうですが、最近は副業OKの企業もかなり増えてきました。

 

介護士は意外に時間が空く仕事だと思ってます。

その時間を使って、副収入を得る術を手に入れましょう。

 

介護士の副業に関しては、こちらで解説してます。

介護士の副業禁止は時代遅れ!介護士こそ副業しやすい理由とは?

 

無料の転職エージェントを活用しよう

 

介護士で平均年収を上げたいなら、常に最新の求人情報を知っておくといいですよ。

その為にいくつかの転職サイトに登録することをおすすめします。

なぜなら、介護の転職サイトはサービスが完全無料で、エージェントの方が随時希望条件の求人を教えてくれるので、自分で求人検索する手間が省けます。

僕自身も常に3つくらいの転職サイトに登録して、最新の介護求人情報を把握するようにしてます。

 

転職サイトはこちらの記事にまとめてます。

【保存版】最高月収50万超えの介護士がおすすめする介護の求人サイトまとめ

タイトルとURLをコピーしました