≫介護職の収入が月10万アップする副業ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(2月3日まで豪華賞品が当たるお年玉超応援キャンペーン中!)≪

正社員の介護職が夜勤専従の副業で月10万を効率良く稼ぐ方法【リアルな実体験】

介護職の副業

こんにちは、TAKE(@Take_Fitness_23)です。

 

今日は、介護の正社員をしながら介護夜勤の副業で効率良く、月10万円以上稼ぐ方法を解説します。

僕自身、現在この方法で実際に月10万円以上稼ぎ、本業の介護職とブログ収入を合わせて月に50万~60万の収入を稼いでいます。

 

介護夜勤は稼げる

以前、介護の夜勤専従をしている友人が言ってた言葉です。

実践してみて、この言葉が間違いではなかったと実感しました。

 

それでは、さっそく介護夜勤の副業で効率良く月10万稼ぐ方法を解説していきます。

 

スポンサーリンク

正社員をしながら介護夜勤の副業で月10万稼ぐ方法5ステップ

 

介護の正社員しながら、副業で介護の夜勤専従なんてできるの?って思いますよね。

僕もやる前は、「そんなの無理でしょ~」って思ってました。

体力的なことやシフト調整、副業禁止の問題など、色々課題はありますからね。

 

でも、実際に挑戦したら案外すんなり始めれました。

しかも、無理なく効率良く稼ぐならこれはアリかなとも思いました。

 

今回は、この記事を観てくださり、興味はあるしやってみたいけど難しそうと思ってる方のために、具体的方法を5ステップに分けてみました。

自信を持ってハッキリ言います。

 

これからお伝えする通りにやれば上手くいきます。

ではさっそく解説パートへ移りましょう。(月10万サクッと稼ぎたい人は必見ですよ)

 

①介護の就職支援サービスに登録する(完全無料です)

まずは、介護の就職支援サービスを最大限に活用します。

 

自分で介護夜勤専従の仕事を探す必要はないので、求人を探す時間がない方でも超余裕です。

 

僕が実際に利用した介護の就職支援サービスは以下の3つ。

 

「かいご畑」は、WワークOKの夜勤専従求人の取り扱いが豊富。

かいご畑については、こちらの記事を参考に⇒かいご畑の口コミとリアル|実際に使った本音と評判を徹底比較してみた

 

「マイナビ介護職」は、とにかくスピーディーで臨機応変な対応が上手い。

あと、給与交渉も積極的にしてくれる印象。

マイナビ介護職については、こちらの記事を参考に⇒マイナビ介護職ってどう?料金は?電話はしつこくない?実際に使った感想

 

リアルジョブ介護は、介護派遣を専門に取り扱っているので、日払い対応や夜勤専従で週1回など柔軟な対応に慣れている印象でした。

 

この中で、僕を最終的に今の夜勤専従に繋げてくれたのは、「マイナビ介護職」でした。

まぁ担当の方と付き合いが長かったのもありますが、当日の面接直後に時給交渉もサクッとしてくれました。

結果的に、本来時給1,400だったのが1,500円となり、マジで仕事できる担当者でしたね。

マイナビ介護職の全員がこういった人ではないので、必ず給与交渉が上手くいく保証はありませんのでご注意を。

 

就職支援サービスの登録が済んだら、次のステップへ。

 

②介護夜勤専従で週1~OKの求人を探してもらう

担当者の方から連絡が来たら、まずは「夜勤専従で週1~OKの求人を探しています」と伝えてください。

その際に、現在介護の正社員で働いており、本業があることをしっかりと伝えておきましょう。

 

特に週1~OKというのが重要で、せっかく良い求人が見つかっても、週2~ならいいんだけどなぁって企業側から言われたら無駄骨になるので。

実際、僕はこの週〇日という部分をあいまいに伝えていたせいで、あとで週2とか無理ですかね?といった求人がいくつかありました。

家から近く条件も良かったのに、面接までして諦める羽目に…。

 

正社員で本業があるので「週1のみで働きたい」というのを、事前に伝えることを忘れないように。

 

③あなたの条件をできるだけ詳しく伝える※ここ重要

はい!ここめちゃ重要です。

メモのご用意、もしくはスクショを忘れずに。

 

求人を探してもらう前に、あなたの条件を具体的に詳しく担当者に伝えましょう。

(時間を無駄にしないためにも、この条件伝達は確実に行ってください)

 

僕が伝えたのは以下の点です。

  • 自分が介護の正社員であること
  • 本業の会社から副業の許可は貰ってること(実際は貰ってなくても貰ってると言えばOK)
  • 介護の夜勤専従で週1日働きたい(ロング夜勤希望:17:00~翌10:00みたいなやつ)
  • 夜勤単価は1回25,000円以上を希望(最低でも20,000円は欲しい)
  • 家から近いところ(自転車圏内がベター、徒歩圏内なら最高)
  • ユニット型特養やグループホームのようなワンオペ夜勤が望ましい
    (理由:相方がいないほうがストレスが少ないのと、時間の管理が自分でできるので過ごしやすいから)
  • 本業のシフトが毎月20日頃に翌月分が確定するので、それ以降のシフト提出でも大丈夫か?
  • できるだけ早めに働きたいということ(僕は12月に応募して、できれば年内勤務開始を希望→実際に12月21日~働き始めました)

 

ちょっと長くなりましたが、こんな感じ。

細かいかもしれませんが、事前に条件を伝えておかないと、採用後にトラブルになりかねません。

また、せっかく面接までしたのに、事前の条件確認ができておらず、面接の場で最低でも週2~じゃないとダメとか言われて、せっかくの時間を無駄にしかねないので。

 

実際、ここまで細かく伝えておけば、求人も絞られてくるため担当者も探しやすいと思います。

しかも、デキるだけ早く働きたいことを伝えており、僕のことを見込み客を捉えていたのか、対応が早かった印象でした。

結果、問い合わせから1週間後には週1の夜勤専従を開始してましたから。(マジで早かったです)

 

では続いて、面接の場面に移りましょう。

 

④条件に合った求人があれば面接をしてみる※合否は第一印象が超重要

先述の条件を受け入れてくれる求人であれば、とりあえずキープしておきましょう。

夜勤専従で週1だと求人数は多くありませんが、おそらく複数はヒットします。

実際、この条件を提示して気付いたのは、「多くの介護施設で猫の手も借りたい状況」になってるということ。

週1でも夜勤できる人がいれば助かるってことはそういうこと。

 

ではヒットした中で、一番条件が良い求人の面接へと進みましょう。

マイナビなどの就職支援サービスの担当者に、面接の日程調整を依頼すればすぐに施設側と連絡を取ってくれます。

ちなみに面接には、この担当者も同行してくれて、あなたのアピールポイントを伝えてくれるので心強いですよ。

 

※以下面接時の注意点

  • 第一印象が超大切
  • 笑顔で丁寧にあいさつ
  • 謙虚な姿勢で穏やかに
  • 服装はスーツが無難
  • マスク付けてても髭は剃る(女性であれば化粧をする)
  • 髪の毛は綺麗に整えて(ワックスは適度に)
  • 面接官の話にしっかりと相槌をする
  • 担当者にも敬意を払う

 

こんな感じですね。

 

あと、これは建前というかウソになってしまいますが…。

介護の夜勤専従をする理由は「他の施設の勉強をしたい」ことや「夜勤をしてみて良ければ正社員での転職も検討している」ということは伝えておきましょう。

 

たしかに本音はお金のためですが、それだけのために週1だけ夜勤専従を採用するメリットはあまりないですからね。

そこは、正社員候補という名目で雇うと、施設側にも将来的な期待を抱いてもらえるかなと。

まぁ結局は派遣で、正社員になるつもりなんて1ミリもないですけどね。

そこは、心を鬼に顔は仏にして対応してください。

実際に僕も面接時に、超笑顔でこのセリフを言いました(笑)

 

僕は運が良かったのもありありますが、面接した施設が超が付く人手不足で、社員の人が夜勤専従になっており、日勤は派遣のみで回してる状況でした。

なので、面接をした施設長さんからしたら、週1日でも夜勤をしてくれるスタッフは今すぐ働いてほしいというスタンス。

ただ、僕の場合は介護歴15年、介護福祉士、ケアマネ、社会福祉士、夜勤歴も長いという実績もあったのが、すぐに採用となった要因でもあるでしょう。

 

⑤良ければすぐにでも働きたいと伝える

僕は面接をしてから3日後には、現場で夜勤をしていました。

施設側も明日からでも来てほしいという状況だったし、僕もできれば早く働きたいと伝えたは正解でした。

 

逆に、この間が長いと「他に良い求人が出てきたり」「やっぱり夜勤やるのきついかも…」という気持ちになったりします。

 

働きたいという気持ちがあるうちに、さっさと働く。

このスピード感が、副業をする上では必要かなと実感しています。

 

それでは、次の項で「実際に夜勤専従の副業をしてみた感想」をお伝えしていきます。

 

実際に介護夜勤の副業してみた感想

 

まず僕が夜勤専従のする時のスケジュール管理は以下の通り。

働くのは本業の夜勤明けの後。例えば1日が夜勤入りで2日が夜勤明けなら、2日の明けの後に副業の夜勤入りになるといった感じ。

1日:夜勤入り 2日:夜勤明け→仮眠→夜勤入り 3日:夜勤明け

明けの後の仮眠は、3~4時間は確保しましょう(さすがに1~2時間睡眠だとキツいですから)

 

副業の夜勤専従は初日から3日は、先輩スタッフが同行してくれるので、焦らず覚えていけば大丈夫ですよ。

 

僕が副業の介護夜勤をしている施設は、ユニット型の特養です。

時間は、16:30~9:30の17時間夜勤。

僕が担当するのは10名1ユニットを2つ、合計20名の利用者さんを対応します。

夜間はセンサーマットがいくつかあり、何回か鳴りますが頻回ではなかったですね。

 

ちなみに休憩は2時間とされていますが、ワンオペ夜勤なので自己管理となります。

だから、利用者さんがしっかり寝れば2時間以上休めます。

逆に、急変などで救急対応などがあれば休憩が取れない場合も…。

ただ、イレギュラーなことは少ないので、僕は最低3時間以上は休憩していますね。

 

介護施設の夜勤の流れとしては、以下のような感じ。

  • 夕食の準備、介助
  • 排泄介助、口腔ケア、就寝介助
  • 夜間の巡視と体位交換
  • 必要であれば眠前薬の服薬介助
  • 定時での排泄介助
  • 翌朝のお茶の準備や洗濯などの雑用(僕のところはあります)
  • 朝方の着替えや洗面、起床介助
  • 朝食の準備と介助(早番がメインなので補助的な役割)
  • 夜間帯の記録と申し送り

ざっとこんな感じですかね。

 

メリットとしては、他のスタッフがいないので気兼ねなく仕事できることと、個人的には入浴介助がないのはラクかな。

入浴介助って、わざわざ介助用の服に着替えなきゃいけませんよね。

あれば面倒なんです。

 

夜勤専従の副業でキツいと感じるのは、先輩スタッフが同行する最初の3日と独り立ちの1日目くらい。

やはり先輩がいることで気を遣いますし、慣れない間は肉体的にも精神的にも疲れやすいですから。

 

僕が今、副業の夜勤専従を始めて2ヶ月目に入っています。

先輩の同行も終わり、仕事も覚えてきたのでかなり楽になってきました。

夜勤は特に何もなければ、基本は巡視と排泄介助だけなので、仕事はしやすいですね。

 

夜勤1回の単価の詳細も、あわせて解説しておきます。

  • 時給は1,000円に設定します
  • 22時~5時は25%増し(深夜料金)
  • 8時間以上の労働は25%増し(残業)
  • 上記2つが合わさるところは50%増し
  • 仮に17時~翌10時の夜勤だと…
    17時~22時:5時間×1,000円=5,000円
    22時~1時:3時間×1,250円=3,750円
    1時~5時:4時間×1,500円=6,000円(うち2時間は休憩扱いで-3,000円)
    5時~10時:5時間×1,250円=6,250円
    ⇒合計(夜勤1回):18,000円

夜勤専従で、時給が1,000円というのはかなり低めのほう。

低くても1,200円~1,300円くらいは固いと思います

 

僕の場合は時給が1,500円なので、夜勤1回27,000円ほど。

週1で月4回でも、108,000円なので手厚いですよ。

地方にしてはかなり良い条件だったので、しっかり稼がせていただきます。

 

W夜勤のルーティン動画もあるので、良かったら過ごし方の参考にしてみてください。

【ルーティン】筋トレ介護士が夜勤明けからの夜勤に突入した濃密3日間【2022年】

 

介護士しながら最短で月収50万超えたいなら介護の夜勤専従が狙い目

 

介護の夜勤専従は稼げる。

ということで、以下の記事で夜勤専従で稼ぐ方法を解説しています。

【誰でもできる】介護職が最短で月収40万円を稼ぐ方法【再現性高い】

 

体力的には、拘束時間が長いのでキツいですが、精神的にはストレス少なく続けられますよ。

月収40万~50万を介護士しながら稼ぎたいなら、夜勤専従が最短ルートかなと。

 

「介護職で稼ぐ」

これを体現していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました