≫介護職の副業におススメ!ブログの始め方【初心者向け完全ガイド】(9月30日(木)18時まで超お得なキャンペーン中!)≪

介護福祉士の副業にぴったり!ワークシェアリング「カイスケ」とは?

介護士の副業

こんにちは、TAKE(@Take_Fitness_23)です。

 

今回は、介護福祉士の副業にぴったり、Uberの介護版「カイスケ」をご紹介します。
(Uberみたいな感じで、Uberの会社が運営してるわけではございません)

 

スポンサーリンク

そもそも「カイスケ」とは?

 

評価制度とかも、まさにUberEatsっぽいんですね。

 

カイスケ」は、介護医療系の有資格者限定のワークシェアサービスです。分かりやすく言うと、『Uber介護』ってこと。

 

ちなみに、対象の資格一覧は以下のとおり。

  • 介護福祉士
  • 実務者研修・初任者研修
  • ヘルパー1級・2級
  • 介護職員基礎研修
  • 介護支援相談員
  • 社会福祉士
  • 社会福祉主事
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

初任者研修でも使えるのはいいですね。

 

運営は2018年設立の「カイテク株式会社」で、いわゆるベンチャー企業。

 

2021年9月現在で、カイスケ以外に目立ったサービスはしていないようですが、このカイスケが多く方々から指示されており、今後楽しみなサービスと会社の一つです。

数々のビジネス系コンテストで、受賞歴もあるようです。

 

カイテク株式会社についてはこちらを参照してください⇒カイテク株式会社のWEBサイト

 

カイスケの登録方法と使い方

 

だいたい登録自体は、5分ほどで済みます。

事前準備としては以下のものが必要です。

  • 免許証などの身分証明書
  • 介護福祉士などの資格証
  • 最低限の身だしなみ ※プロフの顔写真を撮影するので
    (事前に撮影しておく方がベター)

 

それではサクッと解説します。

 

①「カイスケ」のアプリをダウンロード

 

カイスケはアプリがないと使えないので、まずはApp Storeなどで「カイスケ」と検索してダウンロードしましょう。

 

②電話番号の認証

 

電話番号を入力したら、ショートメールで番号が送られてくるので、その数字を次の画面で入れましょう。

その流れでパスワードも設定する。

 

③基本情報の登録

 

ここで、あなたの基本情報や経験、プロフィール写真などを登録していきます。

身分証は、ここで撮影します。

※運転免許証・パスポート・保険証など

 

④保有資格の登録

 

続いて、保有資格も登録していきます。

資格証の写真撮影もあるので、あらかじめ撮影しやすいのように取り出しておくなどの準備をしておいたほうがいいでしょう。

 

⑤登録完了

 

以上で登録完了となります。

特に難しいことはなく、スムーズにいけば5分ほどで終わります。

 

僕の地域では、まだ「カイスケ」エリアではないので、登録できません(泣)

西日本への展開も期待したいところですね。

 

※カイスケさん!これ観てたらぜひ広島市にも展開してください!!おなしゃす!!!

 

⑥案件検索

 

上記のような案件があり即日即金なので、スキマ時間やスキマ休みを使ってサクッと稼ぐことができます。

介護職のスキルアップや経験にもなるので、副業にはピッタリなかと。

 

介護職の副業については、他の記事でも色々解説してるので良かったらチェックしてくださいね。

介護士は正社員だからこそ副業しよう!1年で昇給額の10倍稼げた話

 

仕事の検索については、マップ上でできるので自宅近辺の案件探しには便利ですね。

 

⑦仕事の申し込み

カイスケは相互評価システムがあるので、事前に施設の評判などが確認できます。

 

自分が働きたいと思ったら、その施設の評価を合わせて見ておくといいでしょう。

 

⑧マッチング

応募先からOKが出れば、面接なしで当日に事業所に行けばいいだけ。

 

この面接や履歴書なしで働けるっていうのは、働く側からしたらありがたいですね。

 

⑨実際に仕事をする

実際にカイスケ使ってる人たちの意見。

 

カイスケはスキマ時間に働けるのはもちろん良いとこだけで、受け入れてくれる施設側も優良企業ばかり。

なぜなら、先述でも出た「相互評価システム」があるから。

 

これ会社の上司と部下でも取り入れてほしい。

上司から評価されてばかりじゃ、トップダウンでいつまで経っても良くならないと思うのは僕だけじゃないはず。

 

⑩報酬の支払い

給料は銀行口座への振込になります。

 

振込方法は以下の2つから選択可能。

  • 定期振込:当月締め・翌月末日振込(手数料なし)
  • 早期振込:申請当日〜翌営業日までに振込(手数料あり)

 

手数料は取られるものの、翌営業日に入金されるのは魅力的ですね。

 

カイスケのメリット・デメリット

 

カイスケのデメリットは、とりあえずサービスのエリアがが狭いこと。

※2021年9月現在は、東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋でのみ展開中。

 

あと単価はそこまで高くない。

時給にすると、まぁ1,000円~1,500円程度で、まだ派遣とかのほうが時給だけみるといいですかね。

 

あとは、まだできて間もないサービスなので、不完全な部分は少なからずあります。

 

メリットに関しては、ザッと以下のような感じ。

  • スキマ時間を使える
  • 登録が簡単
  • 面接なしで働ける
  • 正式採用前に企業内を知れる
  • スキルと経験アップにつながる

 

やはり現段階ではメリットの方が大きいですね。

ただ、今後同じようなサービスが出てくると思いますし、単価や仕事内容が魅力的なものも増えてくると予想されます。

そうなると、現時点ではカイスケしかないものが、当たり前になってくるので、今後の全国展開やサービスの向上、使いやすさの改善などを期待したいですね。

 

✔カイスケが向いてるのは以下のような人

  • 介護の資格を活かしたい人
  • スキマ時間で稼ぎたい人
  • 介護士の副業したい人
  • 色々な施設を経験したい人
  • フリーランス介護士を目指す人

 

個人的には、カイスケのようなサービスがもっと普及して、フリーランス介護的な働き方が良いなと思ってます。

まぁクラウドワークスの介護版みたいな感じ。

 

冒頭で伝えたUberのようなものでもあり、実際本家のUberEatsで月に100万稼ぐ人もいるので、今後は「カイスケで月100万稼ぐフリーランス介護士」みたいなのが現れると楽しいですよね。

カイスケのこれからに注目!!

 

タイトルとURLをコピーしました