≫介護職も不労所得をゲット!今すぐブログを始める(8月26日(木)18時まで超お得なキャンペーン中!)≪

国際結婚のメリット・デメリットは?【日韓カップルが解説します】

たけの独り言

こんにちは、たけ(@Take_Fitness_23)です。

 

今回は、日韓カップルである僕たち夫婦が、国際結婚をして実際に感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

 

じゃあ準備はいい?

いいよ…なんか緊張するな…。皆さん、はじめまして。たけの妻です。

めっちゃオシャレだね!

たまにはチマチョゴリ(韓国の着物)着なきゃと思ってね。

超お似合い!!…おっと話がそれちゃうね。まずは、なぜ僕らが日本に住んでるのかを解説していきます。

 

スポンサーリンク

なぜ日本に住んでいるのか?

 

僕らは日本で出会い、ずっと日本で生活しています。

妻も日本で仕事をしており、もう20年近く日本に住んでいる状況です。

 

ではなぜ韓国に住まないのか?

答えは単純、夫婦2人とも日本が好きだから。

 

もちろん韓国も好きで、妻が出産するときや長期休暇のときは帰省してますよ。

日本に住んでると、やっぱり本場の韓国料理が食べたくなるしね。

 

その他にも総合的に考えたら、日本に住む方がメリットが多いと感じています。

 

✔韓国と比べた日本のメリットは?

  • 給料が高い
  • 社会保障が安定している
  • 韓国に比べたら暖かい
  • 雇用形態がしっかりしている
  • 街や公園がきれい など

 

✔逆に日本と比べた韓国のメリットは?

  • 物価が安い
  • インターネットが普及している
  • サービスの対応が早い
  • 韓国料理が美味しい
  • 教育が日本より進んでいる など

 

いつも思うのが、日本はインターネット回線を契約するのに時間がかかりすぎ。(1ヶ月くらい)韓国だったら、今日申し込んだら明日から使えるレベルだから。

それいつも言うよね(笑)たしかに韓国に数ヶ月住んだとき、めっちゃネットの開通が早かった。日本は無駄に待たせるよね。

 

では続いて、国際結婚のデメリットを解説していきます。

 

【国際結婚のデメリット】

 

正直僕はあまりないと思ってますが、あえて挙げるとしたら以下の3つ。

  • 帰省するときの移動が大変
  • 文化の違いでケンカになる
  • ビザの申請に手間がかかる

  

それでは一つずつ解説していきます。

 

帰省するときの移動が大変

僕らの場合はまだお隣の韓国なんで大丈夫ですが、妻のお父さんがアメリカに住んでた時は移動だけで丸1日かかりました。(今は両親ともに韓国なので、飛行機で2時間くらい)

 

今はLCCもあって値段も安く、気軽に行けるからありがたいね。ブラジルとかだと日本の反対側になるから、移動だけですごい疲れそう。

韓国は近いと言っても、やっぱり海外だから入国審査もあったりで結局時間かかるよね。でも両親に孫の顔見せたいやん!

 

文化の違いでケンカになる

これは正直仕方がない部分ではあります。

生まれた国も育った環境も違えば、価値観が違うのは当然のこと。

 

例えば、日本では建前と言って本音を言わないのが美学みたいな風潮ですが、韓国では本音で話し合うのが当たり前。

だから普通に会話しててもケンカしてるように聞こえたりします。

妻とオモニが会話してるとき、ケンカしてるのかと思って「大丈夫?」って声かけたら「何が?」みたいな感じだったよね。

あれがナチュラルだからね。逆に日本人は遅刻した人に対して「大丈夫大丈夫」みたいに笑ってるのに、あとで陰で「あの人遅刻してさぁ…マジでイラついた」みたいに言ってるの見て、正直理解できなかった…

僕は国際結婚して、日本の古き悪き伝統みたいな価値観はかなり薄くなってきたかな。

 

ビザの申請に手間がかかる

日本の場合は、結婚しても日本の永住権を貰えるわけではないので、定期的に在留のビザの申請が必要になります。

 

僕の妻は、日本も長く結婚してだいぶ経つので、最長10年のビザを取得していますが、最初は3年や5年ごとに更新申請が必要になります。

 

どれくらい手間かというと、必要書類を集め、申請書を記入し、すべて揃ったら各管轄の入国管理局に提出します。

その後、数週間で結果が届き、不備があれば再申請、問題なければ更新完了手続きをしに、再度入国管理局に出向きます。

 

こちらを観れば面倒な理由が伝わると思います(だれ得?)⇒出入国在留管理庁のホームページ

 

更新時期になっても誰も教えてくれないから、自分で把握しなきゃいけないけど、5年とか10年単位になるとうっかり忘れそうになるから怖い…

こればっかりは母国側のパートナーがしっかり管理しなきゃいけないと思うよ。僕らの場合だったら、僕がしっかり把握してるから大丈夫!って自信持って言えるようにね。

 

【国際結婚のメリット】

 

ぶっちゃけめちゃくちゃありますけど、今回は以下の7つにします。

  • 価値観が広がる
  • 多くの場所に行ける
  • 日本では会えない人と会える
  • 外国語を生活の中で学べる
  • 好きな食べ物が増える
  • 結婚生活に飽きない
  • 間違いなく成長できる

 

価値観が広がる

これは国際結婚の最大のメリットだと思います。

もちろん、日本人同士の結婚でも価値観は広がります。

ただ国際結婚となると、予想もしない価値観の違いがあるので、そりゃ超広がりますよね。

 

僕らの場合だったら、韓国の人はマジでせっかち。

いつも妻は「빨리빨리!!(早く早く)」って言ってます。

 

韓国ではそれが普通だから…日本に来て、なんでみんなそんなにゆっくりするの?って思った時期もあった。

そのおかげで、行動スピードが底上げされて時間を有効活用できるようになったから結果オーライかな。

 

補足として、日本の路線バスは「バスが止まるまで席から立たないでください」だけど、韓国では「バスが止まる前に準備して早く降りろ」的な空気で、もたもたしてるとすぐ発車します。ちなみに僕は何も言えず次のバス停で降りました。笑(実話)

 

多くの場所に行ける

国際結婚してるというだけで、必然的に海外には毎年行きます。

また、パートナー側の親戚にも会ったりするので、日本人が行かないようなマニアックな地方にも行ったりしました。

 

僕は妻の家族や親戚に会ったりするため、韓国のソウルやスウォン、ソクチョなどに行ったり、アメリカのロサンゼルスやマイアミにもお邪魔しました。

妻と結婚してなかったら絶対に行ってなかった場所ばかりでしたね。

 

それは私も同じかな。たけさんと結婚して、日本の色々な場所に行けて楽しいし、いい経験させてもらえて感謝してる。

 

日本では会えない人と会える

先ほどの「多くの場所に行ける」と似てますが、国籍の違う色々な方に会えるのは貴重な経験。

 

韓国では、両親をはじめ、同じマンションの方々にはよくしてもらいました。

また、数ヶ月アルバイト(チラシ配り)をした時に仕事を教えてくれた「형ヒョン」(韓国語でお兄さんという意味)は、めちゃくちゃ優しくて韓国や日本のオモシロ話をいつもして楽しませてくれました。

 

しかも韓国では、年上が年下におごるのが当然の文化。

ヒョンには、毎日のようにごちそうになり、常にお腹いっぱいでした。「배불러요(ペブロヨ)」

 

日本では割り勘制度が当たり前だったから、最初は正直戸惑ったのを覚えてる。でも先輩がおごる制度ってなかなかキツいから、日本の方が住みやすい(笑)

 

外国語を生活の中で学べる

外国語の先生が、家にいるのと同じ感じなのはありがたい。

 

僕の妻は英語、韓国語、日本語を話せるので、子どもの教育にも好影響。

ただ喋れるようになるのは難しいみたいで、子どもは妻の言ってることは分かるけど日本語しか話せないという…

 

僕も一緒に住んでいるにも関わらず、韓国語は話せない(笑)英語は高校時代に留学してたから、日常会話程度ならいける。

言葉を教えることはできるけど、教わる側が興味がないと覚えないよね。韓国に住んでるときは、たけさん頑張ってたのにね。

 

好きな食べ物が増える

妻と結婚して、韓国料理が好きになりました。

それまでも韓国料理の存在は知っていたし、いくつか食べたことはありますが、自分から好んで食べてはいませんでした。

 

実際に韓国に行って食べる韓国料理が美味しいのはもちろん、妻が作ってくれる韓国料理が超絶美味い!

 

サムギョプサル、サンゲタン、豚キムチ、キムチチャーハン、タットリタン、テンジャンチゲ、プルコギ、トッポギ…もう考えたらキリがない!!

でもたけさん辛いの苦手だよね(笑)それでも美味しく食べてくれてありがとう。

 

間違いなく成長できる

国際結婚に限らず、結婚はお互いを成長させてくれます。

お互いの考えを理解し合いながら日々過ごしていく中で、もちろんケンカもします。

 

さらに国が違えば、理解できない価値観もあるのが現実。

そこで諦めるのではなく、理解しようとする姿勢を持ち続けることが大切だと思っています。

 

日本で教えられたことが正解ではなく不正解でもない。

世界には多彩な価値観や文化があり、この地球上で共存しています。

 

国際結婚は、その一部を共有しリアルに体験できる貴重な時間です。

もしあなたが今、海外の方と交際しており国際結婚に対して迷っているなら、ぜひ一歩踏み出すことをおすすめします。

間違いなくあなたの人生は豊かになりますよ。

 

国際結婚が上手くいく秘訣は2つ

 

僕らはもうすぐ結婚15年になります。

そんなベテラン国際カップルの僕らが、国際結婚が上手くいく秘訣を紹介します。

 

国際結婚が上手くいく秘訣は以下の2つ。

  • 積極的にコミュニケーションを取る
  • オープンマインドの精神を持つ

 

ではサクッと解説していきます。

 

積極的にコミュニケーションを取る

僕らの場合は、妻が日本生活での生活が長く、ある程度日本の文化への理解がありましたが、来日間もない場合は、自分ことで精一杯になりパートナーを気遣う余裕がないことも考えられます。

 

その他にも、結婚すると子どもを授かる夫婦が多いと思います。

そこで、子育てに対する価値観の違いも生まれ衝突することも…

僕も何度か子育てに関する価値観のズレで、妻とは衝突してますね。

だからと言って、突き放したり相手を否定するのではなく、積極的に意見を言い合うことでお互いを理解しようとする姿勢が大切になってきます。

お互いはじめての子育てで不安だし、意見が違うのは当然のことだよね。でもとことん話し合うことで、よりパートナーのことが分かるし絆も深まると思う。実際、私たちがそうだったし。

 

ちなみに、国際結婚の離婚率は50%以上というデータがあります。

詳しくはこちら⇒離婚弁護士ナビさんのサイト

 

せっかく文化や価値観の違う人と巡り会えたんですから、離れるのではなく寄り添い分かりあう努力をしていきたですね。

 

オープンマインドの精神を持つ

どんなに付き合ってる期間が長くても、常にオープンマインドでいるようにしましょう。

 

相手のことを理解しているつもりでも、たまに突拍子もない理解できないことに遭遇します。

 

だからと言ってすぐに否定するのではなく、理解できなくてもまず受け入れるようにしましょう。(どうしても無理なら、受け入れてるフリだけでもOK)

否定は必ず相手との距離を遠ざけてしまいます。

 

あなた自身の価値観の壁を壊し、いつもオープンでいることが国際結婚に限らず夫婦関係を良好に保つ秘訣ですよ。

 

今回改めて、自分たちのことを思い返してみて、お互いがお互いを理解しようとする大切さを実感できたかな。

価値観や考え方に正解なんてないからね。僕はこれからもオープンマインドで夫婦生活を楽しんでいくよ。

タイトルとURLをコピーしました