プロテインのWPCとWPIの違いとは?現役トレーナーが解説します

筋トレ

プロテインのWPCとWPIの違いって何?

今日はこの疑問にズバリ答えます!

※5分あれば読める記事なので、最後までお付き合いください。

 

【記事を読むメリット】

プロテインのWPCとWPIの違いが分かり、購入するときの参考になる。

 

【本記事の内容】

  • プロテインWPCの特徴 メリット&デメリット
  • プロテインWPIの特徴 メリット&デメリット
  • あなたに合ったプロテインを見つけよう

 

スポンサーリンク

プロテインWPCの特徴 メリット&デメリット

 

まずWPC(ホエイプロテインコンセトレート)の特徴のお伝えします。

自然なホエイ(乳清)に近い状態のタンパク質で、そのぶん脂質や炭水化物を多めに含んでいるのが特徴ですね。

 

メリットは?

  • 値段が安め
  • カロリー高め
  • ビタミンやミネラルが豊富

 

デメリットは?

  • WPIに比べてタンパク質量少なめ
  • WPIに比べて吸収が遅い
  • お腹が緩くなりやすい(個人差あり)

 

WPCプロテインのメリットは何と言っても安いことです。

 

デメリットに関しては、あくまでWPIと比べて劣るだけなので個人的にはデメリットは感じません。

ちなみにお腹が緩くなったことはないですよ。

 

WPCプロテインの値段等はこちらでチェックしてみてくださいね↓

 

プロテインWPIの特徴 メリット&デメリット

 

続いてWPC(ホエイプロテインアイソレート)の特徴をお伝えします。

不純物を徹底的に取り除いており、とても純度の高いタンパク質を含有しているのが特徴ですね。

 

メリットは?

  • WPIに比べてタンパク質量が多い
  • WPIに比べて吸収が早い
  • お腹が緩くなりにくい

 

デメリットは?

  • 値段が高め
  • カロリーが低い
  • ビタミンやミネラルが低いものがある

 

僕がWPIプロテインを飲むとしたら減量中ですね。

カロリーが低いがタンパク質量は多く吸収率が早いという面は、ダイエット中でも筋分解を防ぐ大きな助けとなるでしょう。

 

WPIは値段が少し高めですが、タンパク質量や吸収率の早さを求めるなら飲むのもありかなと思います。

 

WPIプロテインの値段等はこちらでチェックしてみてくださいね↓

 

あなたに合ったプロテインを見つけよう

 

今回はプロテインのWPCとWPIの違いについて解説してきました。

 

結論!

あなたに合ったプロテインならWPCもWPIも関係ねぇ!!!

 

なぜならプロテインなんて品質にそこまで大きな差はないからです。

プロのボディビルダーでない限りは、そこまでこだわるメリットはないですからね。

 

ちなみに僕は完全コスパのみを重視したマイプロテインを愛飲しています。

 

マイプロテインに関してはこちらの記事で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

マイプロテインとは?

タイトルとURLをコピーしました