【初心者でも超簡単10分でできる!】Webライターのポートフォリオになるブログの始め方

【2022年最新】WordPressおすすめプラグイン11選【導入方法も解説】

ブログ
困った猫
困った猫

・WordPressブログのおすすめのプラグインを知りたいにゃ。
・ブログを始めたばかりで何がいいか分からないにゃ。

今回は以上の悩みを解決します。

✔︎記事の信頼性

エックスサーバー WordPressブログ 始め方

僕もブログ初心者の頃は、プラグインすらもよく分からず、ましてや何を導入していいか分かりませんでした。本記事では、ブログ初心者が導入しておくべきプラグインを、僕なりに11個選んだので参考にしてみてください。

ちなみに、まだWordPressでブログを始めてない人は「【超簡単10分】エックスサーバーでWordPressブログを始める方法」から簡単にブログを開設できます。

スポンサーリンク

WordPressのプラグインって何?

プラグインとは、WordPressの機能を拡張してくれるサポートプログラムです。

WordPressは開設当初は、基本設定のみなので、プラグインを導入することで機能を追加していきます。iPhone買って、少しずつアプリを追加していくのをイメージすると分かりやすいかもです。

プラグインは数多くありますが、とりあえず導入すればいいわけではありません。スマホと同じように、自分に必要なプラグインを導入しましょう。

僕が初心者の頃は、とにかくおすすめされたプラグインを入れまくりました。結果サイトが重たくなるという結末に…。

TAKE
TAKE

WordPressのテーマによって必要なプラグインは異なる

WordPressにはサイトデザインや設計を自動でカスタマイズしてくれる「テーマ」があり、多くの人は既存のものを使用します。

テーマは無料と有料があり、テーマをによってはすでに機能が充実しているものもあるので、最低限のプラグインで十分です。

例えば無料テーマであれば、当ブログの「Cocoon」であったり、有料であれば僕の使ってる「JIN」などは、すでにSEO対策やカスタマイズがしやすい状態なので、そこまでプラグインに頼る必要はありませんでした。

それでは、WordPressブログ初心者の方に向けて、おすすめのプラグイン11個をご紹介します。

TAKE
TAKE

初心者が導入した方がいいおすすめプラグイン11選

僕のおすすめプラグインは以下の11個。

  • XML Sitemaps(サイトマップ作成)
  • Akismet Anti Spam(スパム防止)
  • BackWPup(バックアップ機能)
  • EWWW Image Optimizer(画像圧縮)
  • Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  • WP Fastest Cache(サイトの表示速度アップ)
  • Contact Form 7(お問い合わせフォーム)
  • Rich Table of Contents(目次の作成)
  • WP Multibyte Patch(文字化け対策)
  • Site Kit by Google(Googleツール連携)
  • WPS Hide Login(セキュリティ強化)

それでは一つずつ解説します。

TAKE
TAKE

XML Sitemaps(サイトマップ作成)

Googleにサイトマップを作成するツールです。

サイトマップとは簡単に言うと、サイトの設計書のようなもので、Googleに対してサイトの構造を理解してもらうためのものです。

手順は、XML Sitemapsでサイトマップを作成し、Googleサーチコンソールに送信で完了です。

2022年10月現在は新規追加で検索しても出てこないようです。(運営者が変わったらしい)今は代わりとして「XML Sitemap & Google News」をインストールしましょう。

Akismet Anti Spam(スパム防止)

Akismet Anti Spamを導入すれば、自動でスパムコメントを防止してくれます。

WordPressを立ち上げたときに最初から入ってるプラグインなので、有効化するだけでOKです。

もし誤って削除した方はこちらへ→Akismet Anti Spamを導入する

BackWPup(バックアップ機能)

BackWPupを導入して、もしもの時のためにデータをバックアップしておきましょう。

カスタマイズに失敗したり、ハッキングやウイルスに感染した際、バックアップしてないと元に戻せず悲惨です。

WordPressはセキュリティはしっかりしていると言っても、何が起こるか分かりません。

BackWPupを導入する

EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

EWWW Image Optimizerはアップロードした画像を圧縮してくれます。

画像を圧縮することで、サイトの表示速度が上がり、ユーザー満足度アップにつながりSEO対策になります。

特にスマホで撮影した画像などをそのまま使うと、かなり重くなるので、自分でスマホで撮影してレビュー記事などを書く人は必ず導入しましょう。(というか全員導入必須です。)

またアップロード前に「tinypng」などのツールを使って、あらかじめ画像を圧縮することもできます。

EWWW Image Optimizerを導入する

Broken Link Checker(リンク切れチェック)

サイト内にリンク切れが発生したら知らせてくれるツールです。

記事が増えるとすべてのリンクを把握するのはほぼ不可能なので、サイト運営には必須。

また、URLのスペルミスがあった場合も、メール通知や管理画面上で知らせてくれます。

リンク切れはSEOにおいてもマイナス評価なので、Broken Link Checkerは必ず導入しておきましょう。

TAKE
TAKE

WP Fastest Cache(サイトの表示速度アップ)

WP Fastest Cacheは、サイトの表示速度をアップしてくれます

キャッシュを有効化することで、サーバーとのやり取りをスムーズにし、ページを読み込める仕組みです。

先述でも言ってますが、サイトの表示速度はユーザー満足度を上げるために重要で、SEO対策においても重要なポイントです。

WP Fastest Cacheを導入する

Contact Form 7(お問い合わせフォーム)

お問い合わせフォームを作ってくれるプラグインです。

作成したら固定ページに配置するだけなので、始めのうちにサクッと済ませておきましょう。

お問い合わせフォームは、企業や読者からの連絡窓口になる大切な場所です。確実に設置しておくことで、ブログの可能性が広がります。

Contact Form 7を導入する

Rich Table of Contents(目次の作成)

Rich Table of Contentsは、「オシャレな目次が簡単に作れる」プラグインです。

僕がもう一つ運営してるサイトで導入してますが、こんな感じです。

スタイリッシュなオシャレですね。

TAKE
TAKE

Rich Table of Contentsを導入する

WP Multibyte Patch(文字化け対策)

WP Multibyte Patchは日本語の不具合を修正してくれます。

本来WordPressは英語圏のサービスで、日本語で表示できない場合もあります。そんな時に文字化けを防ぎ自動で修正してくる便利なツールです。

例えば検索窓で、全角スペースは本来読み込みませんが、このプラグインを導入すれば自動で認識してくれます。

WP Multibyte Patchを導入する

Site Kit by Google(Googleツール連携)

サイトとGoogleno各ツールを連携してくれる、Google公式プラグインです。

サイト運営に必須の「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」とも手間なく連携できるので、自力で設定するのが面倒だなって思う人は、Site Kit by Googleの活用がおすすめです。

Site Kit by Googleを導入する

僕は以上2つのツールの連携は自力でしましたが、意外と大変だった気がします。

TAKE
TAKE

WPS Hide Login(セキュリティ強化)

WPS Hide Loginは、セキュリティ強化のためのプラグインです。

具体的には以下の対策をします。

WordPress管理画面にログインするには、サイト名の末尾に「/wp-admin/」と付てアクセスします。このURLを自分の好きな文字列に変更して、誰でもアクセスできないようにする対策です。

サイトの乗っ取りなんてこともあり得るので、念には念をと言う意味で導入することをおすすめします。

WPS Hide Loginを導入する

※追記

僕はWPS Hide Loginをインストールして有効化し、設定しないままにしたためログイン画面にアクセスできなくなりました。(これは僕の推測ですが、たぶん当たってます)結局サーバーのファイル管理まで行ってプラグインを削除してログインできましたが、1時間くらいググって彷徨ってました。

なので、WPS Hide Loginを有効化した際は、ダッシュボードから設定画面に入って、先にログインURLを設定しないと僕と同じ過ちを犯すかもしれません。

プラグインによってエラーが出ることはあるので、プラグインを導入する際はバックアップを確実にしておきましょう。

TAKE
TAKE

プラグイン導入時の注意点

プラグインは便利ですが、入れすぎるとサイトが重くなって逆効果です。

ここではプラグイン導入時の注意点を解説します。それが以下の3つ。

  • いらないプラグインは入れない
  • 不具合が起きる可能性があるものは入れない
  • 定期的にアップデートする

いらないプラグインは入れない

プラグインの使い過ぎは、サイトが重くなり表示速度が遅くなる原因になります。

今回ご紹介する11個のプラグイン+5個以内に留めましょう。ちなみに僕はサイト2つとも15個のプラグインを導入してます。それ以上は入れる予定なし。

あとはテーマによっては、今回紹介してるプラグインも不要な場合があるので、詳しくは使用テーマの公式サイトをチェックしてください。

不具合が起きる可能性があるものは入れない

以下のようなプラグインは要注意!

  • 有効インストール数が異常に少ない(1000未満)
  • 最終更新がめっちゃ昔(3年以上前)
  • 使用中のWordPressバージョンで未検証

これはあくまで基準で、条件を満たしていても不具合が起きる可能性はあります。その際はすぐに無効化して使用を中止しましょう。

定期的にアップデートする

プラグインは定期的にアップデートしないと、不具合を起こす可能性があります。

おすすめは「自動更新の有効化」です。以下のように、自動更新の箇所が「自動更新を無効化」と表示されていれば、自動更新が有効化されてるということ(ややこしいですが)

手動でもいいんですが、つい忘れてしまいますからね。

TAKE
TAKE

プラグインの導入方法

プラグインの導入は簡単です。

  1. 新規追加から検索してインストール
  2. プラグインを有効化する
  3. 使わない場合は無効化する

「新規追加」から「インストール」に移ります。

以下はインストール中。

インストール完了後は「有効化」をクリックすればOK。

使わないプラグインは「無効化」しておきましょう。

以上でブラグインの導入は終わりです。はい、簡単です。

TAKE
TAKE

まとめ:プラグインを効果的に活用してブログ運営を楽しもう!

まとめ

今回紹介したプラグインは以下の11個です。

  1. XML Sitemaps(サイトマップ作成)
  2. Akismet Anti Spam(スパム防止)
  3. BackWPup(バックアップ機能)
  4. EWWW Image Optimizer(画像圧縮)
  5. Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  6. WP Fastest Cache(サイトの表示速度アップ)
  7. Contact Form 7(お問い合わせフォーム)
  8. Rich Table of Contents(目次の作成)
  9. WP Multibyte Patch(文字化け対策)
  10. Site Kit by Google(Googleツール連携)
  11. WPS Hide Login(セキュリティ強化)

プラグインは機能の拡張という意味では、大変便利なツールです。しかし、使いすぎはサイトが重くなり逆効果。

また、ブログによっては不要なプラグインもあります。

プラグインに頼りすぎず頼らなすぎず、バランス良くあなたに合ったプラグインを選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました